F1ビジネス戦記 ホンダ「最強」時代の真実

F1ビジネス戦記 ホンダ「最強」時代の真実

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アイルトン・セナ、アラン・プロストらを擁し、F1グランプリで無敵を誇った「マクラーレン・ホンダ」が2015年シーズンから復活する。その全盛期にホンダの広報・渉外スタッフとして現場の最前線で奮闘した著者が、サーキットの中だけではない、F1というビジネスを取り巻くさまざまな“戦い”をリアルに綴る。セナとの交情、プロストとの駆け引き、エンジン開発をめぐる攻防、現場を鼓舞した本田宗一郎の言葉……日本企業が「チーム」となって世界で戦う姿が、ここにある。【目次】はじめに/第1章 アイルトン・セナとの出会い/第2章 F1グランプリの内幕/第3章 F1が体現する欧州文化/第4章 日本がF1グランプリで戦うということ/終章 F1活動休止の決断/おわりに ホンダF1“再開”に寄せて

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 車・バイク
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2015年06月26日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

F1ビジネス戦記 ホンダ「最強」時代の真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年03月01日

    ホンダのF1活動二期がなぜ成功し、なぜ三期と四期で失敗しているのか分かる本。

    この本の最後で出てくる通り、ホンダはフェラーリと違って、レースを所詮は会社の利益に繋がる一つの方策としてしか捉えていない。だから携わる社員も所詮はサラリーマン的な仕事をするんだけど、ヨーロッパの文化として、スポーツとして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月25日

    第2期の活動の本。技術者ではない人の見え方で、今までの本と違って面白い。やっぱ第2期が黄金期だよなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    ホンダがマクラーレンと組んで活躍した1980年代~1990年代の第二期F1活動。その活動を契約や広報などの業務から支えた著者によるF1ビジネスの実像やエピソードなどをまとめた本。マクラーレンとウィリアムズのビジネスに対する考え方の違い、グランプリシーズンが開幕したらどんなサイクルで仕事を進めるのか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月27日

    所要時間:3.5
    印象的な文章:なし
    オススメ度:
    身内 3
    身内以外 2
    過去の自分(20歳) 2
    未来の自分(60歳) 2
    子供が【40】歳のときに読んで欲しい

    セナの生涯や人格は日本人の心を惹きつける魅力的なものであることがよくわかった。
    この頃のF1は、私が生まれたタイミングだから知らない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています