共働き子育てを成功させる5つの鉄則

共働き子育てを成功させる5つの鉄則

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「保育園を考える親の会」代表が長年の活動をふまえ、知らないと後悔する共働き子育ての鉄則を伝授! 保育園選びで外せない条件とは? 入園選考では何を審査しているのか? 職場に近いvs家賃が安い、住むなら? 父親の家事能力をアップするには? 残業・出張が入ったときは? etc.…共働きファミリーのあらゆる悩みや迷いに答えます!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 出産・子育て
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ビジネス書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年06月05日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

共働き子育てを成功させる5つの鉄則 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月03日

    保育園0歳から入れるか一年伸ばすか。もやもやしている時に読んで、絶対これって正解もないけど、自分がこれっと思った方で頑張ればいいんだなと少し気がラクになったな。体験記を読むと、早く復帰した方がいいのかな…とちょっと焦るけど^^;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月23日

    これから育休と保活を始める人にはわかりやすい内容

    最初に待機児童になったケースの体験談を3つ紹介している。

    共働きがお得なわけ
    噂に流されない保活
    就学前の教育
    夫婦で成功させる両立生活
    復職後困った時の助っ人

    について説明している

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月17日

    産まれてすぐに保育園に入れるのは悪ではなく、きちんと子供のことを考えているなら、むしろ良いことのほうが多いということが分かった。昔は大家族みんなで面倒を見ていた赤ちゃんだが、それを核家族でやろうとすると、どうしても一人が赤ちゃんにつきっきりになりがちである。それを現代は代わりに保育士というプロが見る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月23日

    共働きをしているママは多かれ少なかれ子どもに罪悪感を持っているのではないでしょうか?
    私はこの本を読んで「自分が選んだ道は正しいんだ!」と自信を持つことができました。

    新しい保育システムになり、わからなかったこともスッキリ解決しました。
    共働きママにぜひ読んでもらいたい1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年04月14日

    「就学前教育」が参考になった。
    ・一斉保育で「待つ」訓練だけではだめ。自由保育で自分で考えて行動し、いろいろ発見。
    ・習い事はしなくてもいい。「旬な育ち」が大事
    ・子供が互いに触発されて育つ「育ち合い」
    ・文字の読み書きの練習の前に、言葉の楽しさを知り、文字を読みたいという気持ちが育まれることが必要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    保活本1冊目。

    次のことを知りたくて読み始めた。
    ・ざっくりと、認可、認証、認定、認可外ってなんなのか。
    ・「保活ってなに?」っていう状態だったので、全体像(知っておくべきことや気を付けること)を知りたい

    この本が1冊目でよかった。
    まず、体験談から始まってエッセイ感覚で読みやすかった。
    また、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月28日

    自分が復職するにあたって、子どもを預ける保育園・幼稚園について知りたくて読んだ本。自分にとっても子どもにとっても、納得いく選択をしていきたいと思っていたので、本の内容が参考になった。

    ・親がまずできること。それは子どもの今を認めることです。ほかの子どもと比べないで、その子なりの育ちを喜ぶことが、子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています