1518! イチゴーイチハチ!(5)
  • 完結

1518! イチゴーイチハチ!(5)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

感動が押し寄せる!話題の生徒会青春群像劇

元・野球少年が経験する、初めての野球のない夏…!
世界の終わりの『その先』を描いた感動の青春群像劇!

公志朗への気持ちが恋心と気づいた幸。
そんな折、公志朗のクラスメイト“ナカナツ”が現れて2人の仲は急接近!?
プール、花火大会、生徒会合宿…
公志朗がはじめて体験する「野球のない夏」が始まる!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年04月06日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年03月31日

いやもう初々しいなぁ若いなぁ!(≧▽≦) ようやくちょっと前進だけど、まだまだ先は長いのかな? 自分にもそんな時代はあったはずで、こんなだったのかなぁと思うと、そんな時代が羨まし恥ずかしい(^^;。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 1518! イチゴーイチハチ!(1)
    完結
    胸にぐっとくる青春群像譚! 松栢学院大武蔵第一高校、通称・松武(しょうぶ)高は「文・武・楽」がモットー。 新入生の丸山幸(まるやま さち)はやりたい部活が見つからず、彼女の中学の先輩である生徒会長からの誘いで、生徒会の手伝いをすることに。 そこでは幸が3年前に野球場で見かけた少年・烏谷(からすや)と、かつて野球少女だった生徒会長との運命的な再会があった・・・・・ ~・~・~・...
  • 1518! イチゴーイチハチ!(2)
    完結
    高校生徒会を舞台にした青春群像劇 入学して1か月が経ち、 正式な生徒会スタッフとなった幸と公志朗のふたり。 公志朗は、会長から「新入生歓迎マラソン」の 代表旗手に推薦される。 そして迎えた大会当日。 幸が会長に挑んだ“勝負”とは―――?
  • 1518! イチゴーイチハチ!(3)
    完結
    爽やか生徒会青春譚!! 生徒会の一大イベント、生徒総会の準備に追われる執行部メンバーたち。公志朗と幸はムービー班として総会で流す動画を企画することに。執行部を巻き込んで生まれたのはミュージカル『アイス大作戦』! はたして執行部は総会本番を無事乗り切れるか!?
  • 1518! イチゴーイチハチ!(4)
    完結
    夢を諦めるところから始まる物語 もし、スポーツ漫画の主人公が夢を諦めて生徒会に入ったら…? 世界の終わりの『その先』を描いた青春群像劇! 季節は初夏。 甲子園予選に向けて応援部会の サポートをする公志朗たち。 応援部長の日野江碧と生徒会長の 入学時の出会いとは? そして、会長と公志朗に横たわる 野球の因縁がついに清算される第4集 ―――開幕!
  • 1518! イチゴーイチハチ!(5)
    完結
    感動が押し寄せる!話題の生徒会青春群像劇 元・野球少年が経験する、初めての野球のない夏…! 世界の終わりの『その先』を描いた感動の青春群像劇! 公志朗への気持ちが恋心と気づいた幸。 そんな折、公志朗のクラスメイト“ナカナツ”が現れて2人の仲は急接近!? プール、花火大会、生徒会合宿… 公志朗がはじめて体験する「野球のない夏」が始まる!
  • 1518! イチゴーイチハチ!(6)
    完結
    新しい自分になる冒険の物語 全力で前を向いて俯いて、冒険して――― 私たちは違う自分になる。 2学期が始まり松武祭の準備に沸く松栢学院大学附属武蔵第一高校。 ナカナツは行事の準備と部活の両立に悩み、ついには吹奏楽部を辞めると言い出して… 高校生たちの何気ない、煌めく冒険の日々を瑞々しく描く第6集登場!!
  • 1518! イチゴーイチハチ!(7)
    完結
    珠玉の青春生徒会ストーリー遂に完結!! 中学までエースピッチャーだった烏谷公志朗… しかし高校入学後、彼はケガで野球を諦めざるをえず目的を見失ってしまう。そんな公志朗が生徒会と出会い、その活動を通して前向きになって行く姿に賞賛の声多数! そして胸キュンすぎる同期・丸山幸との恋模様は!? さらには胸アツすぎる次期生徒会会長選挙の行方は!? そこが学園の表舞台じゃなくっても、日々を一...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「青年マンガ」ランキング