会社を守るための労働法の使い方

会社を守るための労働法の使い方

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「繁忙期の有給休暇取得は拒否できる?」「職務怠慢の社員をどう解雇する?」「突然の退職願への対処法は?」。社員とのトラブルを避けるための労働法の賢い使い方を、プロフェッショナルがわかりやすく伝える1冊。

【目次】
Chapter1 人の「採用」でトラブルを起こさないために
Chapter2 働く「時間」を適切に管理するために
Chapter3 「非正規社員」の雇用でもめないために
Chapter4 社員の「問題行動」から会社を守るために
Chapter5 「解雇」を円満に進めるために
Chapter6 「退職」のトラブルを事前に防止するために
Chapter7 「労働トラブル」で慌てないために

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 法律
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2015年03月19日
紙の本の発売
2015年03月
サイズ(目安)
9MB

会社を守るための労働法の使い方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    労務問題の法的解釈の根拠と、実際の過去の判例が載っていて具体的に理解しやすい。

    たとえば
    102ページ
    会社に内緒で無断で兼業していた従業員を懲戒処分にできるか
    →懲戒処分を可能にする根拠は『企業秩序の維持』にある。それに反しない限り懲戒処分が違法、無効判断される可能性がある。


    日頃から準備し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています