サムライ音楽論

サムライ音楽論

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日経エンタテインメント!で好評連載中、
「マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り」の
2008~2009年の原稿をまとめた単行本第2弾。

「福山雅治の楽曲構成力はビーチ・ボーイズ級」
「クリスマスソング風のアレンジが嵐の曲をハッピーにする秘密」
「木村カエラはマドンナ、Dragon Ashには華原朋美(!)の影響を感じる」
など、独自の視点から斬ったJ-POP論。
宇多田ヒカル、コブクロ、Mr.Childrenといった
ビッグネームから、Perfumeやジェロ、alanなどのニューフェイスまで
最新ヒット100曲以上を“メタル斬り”。

「カラオケ好きの日本人は詞を切って歌うクセがある」
「メロディー重視のJ-POPではベースの低音が消えつつある」
ミュージシャンであり、アメリカ出身であるマーティだからこそ分かる
サウンド分析も満載です。

さらに単行本オリジナル企画として、
既にアメリカから移住して5年以上となるマーティが、
“ここが最高!ニッポン”と感じるツボを紹介。
「渋谷109」から「レストランのBGM」「コンビニの期間限定お菓子」まで、
日本人には当たり前すぎて気づかない“ニッポンのよさ”をマーティが語ります。

J-POPという音楽と、日本という国の素晴らしさが再発見できる。
そんな1冊です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
日経BP
ページ数
226ページ
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

サムライ音楽論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年12月06日

    日本に甘すぎる部分もありますが、その目線を通して、日本人が陥りがちなないものねだりや過剰な欧米崇拝に気付けた気がしました。
    とても面白かったです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月20日

    音楽との関わり方、音楽に求めるもの、アメリカ人と日本人の音楽観の違いが分かりやすく述べられていて面白い。ただ、インタビューの書き起こしだと思うけど、語尾に「じゃん」が多すぎるのはちょっと読みにくかったじゃん!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    日本ベタボメなのでくすぐったい気分になる
    知らないバンド・歌手を知ることができるのでよい
    音楽の建築という言い方は興味深い視点だった
    マーティの日米の比較音楽論も面白い

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月01日

    マーティー版『考えるヒット』って感じですか。
    安西肇画伯の絵がないのがなんとなく物足りなかったり(笑)。
    J-POPファンとしてはもとより、プレイヤーとして、プロデューサーとしての観点からも
    J-POPを論じてるのが判り易くもあり面白かった。
    鉄板のコード進行論なんかは『ほぇー』と口開けたまんま読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    これは彼の2冊目の本だけど1冊目よりも彼の日本観が多く書かれていて面白かった。彼に日本の事を褒められるとナルホドと思うし、幸せな気持ちになれる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています