あんこう刑事の鑑識事件簿(小学館文庫)

あんこう刑事の鑑識事件簿(小学館文庫)

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

警察官として約40年を過ごした元刑事が、現場に携わる者ならではの視点で綴った32編の事件エッセイ。時効寸前の逮捕劇から、驚くべき詐欺の手口まで、取り上げられているのは、いずれも実際に起こった事件ばかり。豊かな経験に裏打ちされた著者のあたたかな視線が、当事者にしかわからない事件の裏側や、加害者や被害者の心情を浮かび上がらせる。小説よりも奇なる事件と人間ドラマ。ほのぼのとした味わいの中に、人間の喜怒哀楽が集約された一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年02月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

あんこう刑事の鑑識事件簿(小学館文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月11日

    事件は小説より奇なり。時効直前の逮捕劇、見合いのあとの暴行事件、水田に燃え上がる謎の炎、身元不明死体を埋葬する無念…。地道な捜査を通して解き明かされる事件の真相、事故の顛末。驚くべき犯罪の手口から、憂うべき犯行の動機まで、そこにはさまざまな人生と地方社会の構図が凝縮されている。鑑識課次長をはじめ、茨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています