ロマンス タムくんのラブストーリー短編集
  • 完結

ロマンス タムくんのラブストーリー短編集

作者名 :
通常価格 1,361円 (1,238円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

こんなに幸せだったり、さびしくなったりするのは恋というらしいけど―― 運命の相手、片想い、うまくいく恋、叶わない恋。誰かが誰かを想う「愛しいきもち」がたくさん詰まった、珠玉のラブストーリー短編傑作選!

ジャンル
出版社
太田出版
電子版発売日
2011年04月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

関連タグ:

ロマンス タムくんのラブストーリー短編集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年03月29日

    愛って台詞がなくても伝わるものなんだな。
    これからはもっとちゃんとエネルギーについて考えてみようとおもった。

    タムくんの目の付けどころがとってもすき。
    もっとタムくんの目線で世界を見てみたい。
    見落としていることがたくさんあるような気がした。

    まるえつとの対談が、ふたりの間の空気が文字から伝わっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月18日

    ふらっと主人の買ってきた本が、とても素敵で驚いた。タムくんとの初めての出会い。はじめにからあとがきまで、全部素敵だった。遠い昔に感じたような、切ない感じや、やるせない感じ、ほわっと舞い上がる感じや、じんわり幸せなかんじが、一冊に、たっぷりと染み込ませてある。最後のラブエレベーターが、なんだかとてもわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月23日

    タイ人の漫画家タムくんのラブストーリー集。かわいい絵と素直で単純でまっすぐな日本語のセリフ。きれいごとね!シュミじゃない!で片付けようとするのはたやすい。なるほどおしつけがましくもなく、刺激のすくない甘口は一見、刺さらない。でも心の奥のとこにある鏡にこの言葉たちを映してみたとき...!!それはなによ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    過去・未来・遠い・近い、あらゆる距離の場面で溢れる愛。
    人柄が出てるとしか思えない空気感。
    これは考えて出来るもんじゃない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月17日

    ウィスット・ポンニミットさんとの出会いは、タイフェスで売られていた絵はがきなのだけど、イベントで体験した彼自身のピアノ伴奏によるアニメーション上映もステキ。最新作は大人向けの恋愛をテーマにした短編や書き下ろしをまとめたもの。キュンとくる切ない気持ち思い出してね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月11日

    読み終わって幸せな気分になりました。魔女の宅急便のエンディングロールを見る心地。
    ラブエレベーターすきだー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月02日

    2012/10/26.
    あたたかい気持ちに包まれる愛の物語たち。わかりやすいから浸透しやすい。愛されることはプレゼントなの、プレゼントには見返りは求めないものでしょう?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月07日

    タムくんの考える「愛」の意味に,気持ちが少しふわっとした.
    ことばがなくても,じーんと伝わってくる.

    <チョコと宇宙>が好き.

    今月はタムくん月間になりそう笑

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月09日

    絵を一目見たその瞬間、手塚治虫に似ていると思った。
    本人が巻末でいろいろ真似していると公言していて、その人柄にふふっと笑ってしまった。

    『ラブエレベーター』がいいね。
    ああいう愛の形は、身近にあるものよりも、純に感じるのはなんでなんだろう。
    現実とつながってないからなんだろうか。

    エレベーターの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています