万華鏡~抒情と緊縛~
  • 完結

万華鏡~抒情と緊縛~

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大正時代…大正浪漫画家・竹久夢二と責め絵・縛り絵の画家・伊藤晴雨の二人は、ある共通の女をモデルとして描き、その女を巡って争った。夢二には品格溢れる淑女として、晴雨には淫靡なる色女として両極端に描かれた“お兼”…二人の画家の最高傑作のモデルとなった女の本当の素顔とは!? 実在した三人に起こり得た恋愛大争奪物語を『女帝』原作者・倉科遼と不動の官能劇画作家・ケン月影のコンビが描く!!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミック
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年03月23日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

万華鏡~抒情と緊縛~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月21日

    職業モデルのお兼と伊藤晴雨、竹久夢二の三角関係を描いた漫画。「夜王」の倉科遼先生原作に官能劇画の大ベテラン・ケン月影先生作画という豪華なタッグなだけあり面白い。お兼ちゃんは小悪魔、伊藤晴雨がめちゃいいおっちゃんなんです。竹久夢二はかなりムカつくイヤなDVイケメン。左門豊作と花形満くらいキャラがちがう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています