横暴陛下の姫補佐官

横暴陛下の姫補佐官

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

平民育ちの娘が暴君な皇帝の補佐官に!?

幼い頃は母親とふたり、市井で貧しい暮らしを続けてきた紫那。その賢さを見込んだ大貴族の父親に引き取られてからは、大好きな母親と離れて、昂家の跡取り候補として姫君教育を受ける日々だ。
 16歳になり、昂家の姫として初めて皇宮に登城した日。紫那は宴の席で得意の舞を披露するが、あろうことか、暴君と恐れられる皇帝・祐辰の前で大失敗をしてしまう! しかも、からかわれるように「後宮に入れ」と祐辰に言われた紫那は、立場も忘れてうっかり反発。勢いにまかせて紫那が知る市井の民の困窮ぶりを祐辰に訴えてしまい、我に返った紫那は厳しい処罰を覚悟する。
 だが、皇帝に逆らった紫那を祐辰は責めず、それどころか自分の補佐官に任命。横暴なのに紫那の窮地を救ってくれたり、厳しい顔を見せるくせに紫那を甘く誘惑してきたり。祐辰の真意が見えない紫那は、戸惑いつつも心揺さぶられて…!?
 優しい暴君とまっすぐな姫補佐官の、中華皇宮ラブファンタジー!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ルルル文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
シリーズ
横暴陛下の姫補佐官シリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年01月16日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

横暴陛下の姫補佐官 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月15日

    母親のために貴族の父親の跡取りとして頑張る紫那となめられないように暴君のふりをしている皇帝祐辰。
    最初は紫那が反発してましたけど、だんだん祐辰に惹かれていく様子がよく分かります。
    祐辰は最初から紫那に惹かれていたみたいですけど、調査対象が対象だけになかなか認めづらいところですね。

    流生と紫那が麻薬...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

横暴陛下の姫補佐官 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ルルル文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング