動物の値段 満員御礼

動物の値段 満員御礼

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

動物園・水族館のどんな動物にも値段がある!大反響を起こした『動物の値段』再び。ゴマフアザラシ80万円、レッサーパンダ350万円、ホッキョクグマ6000万円!! 動物商から見た驚きの世界が現れる。

※本書は、二〇一〇年二月、ロコモーションパブリッシングより刊行された『動物の値段と売買の謎』を改題し、角川文庫化したものが底本です。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年01月06日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    最近興味ある動物本。動物の値段というより、動物輸入の仕組みについて、いっぱい書かれてあります。ワシントン条約も誤解されてるなーと実感。愛護団体には怒られそうな本ですけど…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月22日

     動物商の白輪剛史さんの本。

     動物商といっても、一般向けのペットショップではなく、動物園の動物など、特殊なものを扱われている。この本には、様々な事情で、現在では取引ができない動物、特定外来種に指定された動物についても書かれています。
     生き物を大切にしようと思う気持ちは皆さんお持ちでしょうが、値...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    動物ブームの昨今である。小さい頃は、動物図鑑を見ながら、いろんな動物を買う夢を見たものであるが、今となっては面倒なだけである。でも、それぞれの動物に纏わるエピソードが楽しい。また、動物の取引にいろいろな規制があるのだなあと理解した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

     動物、あまり興味なかったが、値段という渋いキーワードにひかれて読む。おちゃらけ味もありつつ、ぐさっと直球の記述がよかった。紹介される動物そのものはよく聞くものがメインだったが、その価格よりも、取引方法に大きく興味をもった。全く想像したこともない世界なので、新鮮で記憶にも残る。
     最後のコメントはお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    変な動物ばっかり扱ってる著者さんによる変な動物コラムです。
    前作よりも、動物鑑定団的要素は少な目、著者さんの苦労話中心です。
    本書中にも登場する組織に勤めてる身としては「その情報、ほんと?」的な内容も一部ありますが、前作のつづき、として読む分にはおもしろい内容だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています