世界の不思議な家を訪ねて ――土の家、石の家、草木の家、水の家

世界の不思議な家を訪ねて ――土の家、石の家、草木の家、水の家

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

砂漠にそそり立つ高層住宅、湖の上に浮ぶ家、騙し絵が描かれた家、岩と岩に挟まれた家……世界各地には、自然と調和した、地形を生かした不思議な家がいっぱい! 困難を極めた取材体験記と美しい写真が満載の一冊。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2015年01月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2010年06月30日

    [ 内容 ]
    世界の家を撮り続けて30年―各国の世情も伝わる取材秘話。
    “人が住む形”はおもしろい!政情不安定な国や撮影困難な地域を、地図と勘、経験を頼りに縦横無尽。
    時には撮影中に食事に誘われたり、あまりの気持ちよさに昼寝をさせてもらったりすることも。
    しかし検問所でのトラブルや、危険地帯で“死の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月06日

    ガーナ、セネガル、イエメン、パプアニューギニア・・・・。気にも留めなかった国の家々。世界に思いをはせることができた。岩の家、石のビルディング、草の家、水の家。世界は広い。度肝を抜くような建築物が美しい写真と楽しい紀行文で紹介されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月10日

    タイトル通り、著者さんが世界の変わった家を訪ねて書いた本。
    写真集みたいなものを期待して買ったんだけど写真の量はそれほどでもなく、旅行記的な性格の強い一冊でした。
    変わった家やその周囲にまつわるいろんなエピソードが読めてこれはこれで。
    文章はちょっと読みにくいかも。気にするほどではないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    家の紹介というよりは、冒険記といった印象。
    自分はまだ、世界のほんの一部分しか知らないのだ。
    それにしても、危険かもしれない地帯に同行して行く奥さんが本当にすごい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルの示す通り、世界中の不思議な家を訪ね歩いた紹介本。ビジュアル多し。個人的にはオーストラリアのオパール採石場を兼ねた岩盤くりぬき系の家が好み。広くしたいと思ったら掘削機で広げるらしい(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こういうエッセイが自分の中で生きるには、まだまだ想像力が足りないな。実際行った土地だったら、最後まで読んだと思うんだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています