映画監督という生き様

映画監督という生き様

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

圧倒的な映像美で観る者を驚かせた『ヴァーサス』での鮮烈なデビュー、『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』など相次ぐ話題作の発表、『ミッドナイト・ミート・トレイン』でのハリウッド映画進出、そして実写版『ルパン三世』。日本人監督であることを微塵も感じさせない彼の撮影術は、ジャン=リュック・ゴダールら名だたる名監督も絶賛する。ハリウッドに拠点を置き、一人気を吐き続ける稀有な映画監督の映画観・撮影術、そして破天荒な生き様とは!?【目次】はじめに なぜ映画を撮り続けるのか/第一章 ハリウッド映画はこう撮れ!―北村流、戦闘的映画撮影術その1/第二章 文字通り、人生のすべては映画から学んだ/第三章 日本映画はこう撮れ!―北村流、戦闘的映画撮影術その2/第四章 原作との闘い方/第五章 この名作に学べ!/第六章 映画監督という生き様/おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年12月26日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

映画監督という生き様 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    新書判200ページほどの本とはいえまさか一気読みさせられるとは思わなかった。自分の夢の実現に向けて疾走するかのごとく突き進む著者の生き様が熱く、ときおり覘いて見える旧態依然とした業界への反発も痛快だ。残念ながら北村監督の作品は見逃してばかりいるが、今後も映画界をざわつかせる存在であって欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング