シングルマザーの貧困

シングルマザーの貧困

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

シングルマザーの貧困問題は、日本の社会問題の集積点である。それは、就労・家族・社会保障制度の3分野にまたがる問題を凝縮したものといえる。その貧困の「実像」とはいったいどのようなものだろうか。6人への聞き取り調査を交え、シングルマザーの「現実」と家族政策や文化規範との齟齬やその背景に光をあて、日本の社会制度、雇用慣行、家庭生活それぞれの抱えている問題をあぶりだす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

シングルマザーの貧困 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月30日

    日本のシングルマザーの現状を数人の事例をもとにまとめられている。
    身近にも何人かいるけれども、あらたに知ったことがいくつかあった。

    ・"経済的貧困"だけでなく"時間的貧困"もある
    ・日本の主流労働者の働き方は「ジョブとメンバーシップの一体型」
     →仕事をする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月29日

    今日の社会であらゆる面で自由競争が標榜される一方実質的に女性が一人で子供を産み育てる自由は乏しい。それはこの国の女性が本当の意味では「生む自由」を手にしてはいない証左ではないか。
    ・「子供のいる世帯」の多数派は両親と18歳未満の未婚の子供から成る「標準世帯」である。家族政策もこの家族像を中心に作られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月09日

    第三次安倍内閣が発足した。
    女性が輝ける社会というものを掲げているこの政権がどのような対策を取っていくのか。
    今までの実績を見る限り、旧式かつステレオタイプな人物ばかりで固めているような気もするが、是非とも、実現してほしいものだ。

    さて、私自身シングルマザーの家庭で育っている。
    中高大と全て私立で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月20日

    体験とデータ、そしてデータ解説とコンパクトにまとまっていて好感。「おわりに」を読んでびっくり。この本の担当編集者が、拙著を担当してくれた小松現さんだったからだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月29日

    シングルマザーの置かれている困難な状況がよくわかった。
    働かなくちゃいけないけど、雇う側には敬遠され、別れた夫からは養育費ももらえず……。
    私は女性も男性と同じように正社員で働くことが大切だと思っている。「子どもがかわいそうじゃないか」という声も相変わらず多いけど、少なくとも離婚によって子どもを「か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月29日

    スウェーデン54.7%、フランス52.6%と、婚外子出生が非常に高い国が世界にある一方、日本は非婚率、離婚率が上昇しても、婚外子出生率は2.1%と超低水準。
    決して婚外子出産を推奨するわけでないが、多様な生き方を社会が認めサポートする社会保障や雇用政策は色んな方法が可能であることを、諸外国の例からも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月20日

    この本、いいなぁ。新書やけど、データの量も豊富で。なかなか重い気分にさせられるけど、すごく大切なことを書いている本。貧困、シングルマザー、少子化、などの問題に目を向けさせてくれる本。
    家族っていうものへの認識が、いまの社会の現状に追いついていない、というのがとても印象的。世間のひとたちの想像力が、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月01日

    シングルマザーはほんとにしんどかろうと思う。パカッと使える支援って、本当に必要だと経験的にも思う。手助けできるといいんだけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月11日

     新サービス検討のお勉強。

     シングルマザーの貧困問題は、日本の社会問題の集積点である。それは、就労、家族、社会保障制度の3分野にまたがる問題を凝縮したものといえる。
     …
     母子世帯の平均年収は一般世帯の半分に満たず、純粋に「就労所得」となると一般世帯の3分の1となってしまう。…
     
     …母子世...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月13日

    シングルマザーの半分は貧困。離婚はワガママ、就労可能と見なされ、保護対象から外れ、長時間労働できないから正社員になれず低給与。普通の家族からみると例外でありあってはならない存在。

    時間を捧げないと稼げないってあたりが解消されれば、いろいろなことが変わると思うのですが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています