ねこの秘密

ねこの秘密

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 847円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

人類1万年の友の秘密を私たちはまだ知らない。ねこ(の原種)と人類が出会って、およそ1万年。媚びない、群れない、焦らない……。自由きままに生きているように見えますが、私たちはねこのことをまだあまりよく知らないのではないでしょうか。
どんな一生を送るのか。どんな喜怒哀楽に身を任せているのか。どんな恋をするのか。なぜ魅力的なのか。
そんな数々の疑問にネコ博士の山根明弘さんが答えてくれます。山根さんは7年間にわたるフィールドワークによって、ねこの生態を探究した動物学者です。生態学や遺伝学の見地から「ねこの生き方」が科学的に解き明かされていきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年11月14日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ねこの秘密 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    ねこは美しく、しなやかで、俊敏で、気まぐれで、気高く、神秘的。その魅力はいったいどこから来るのでしょうか? そして、どんな一生を送っているのでしょうか? 知られざるねこの生態を動物学者が解き明かします。

    猫の島多く棲む島「相島」に住み込んでねこの生態を7年間にわたって研究した著者の執念には感服する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    九州大学による、相島の猫の研究には昔から興味を持っており、調べたこともあったのだが、それが新書かされてとても嬉しい。猫本来の自然な姿を粘り強く研究している点に賞賛を与えると同時に、私もこのような仕事に携わりたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月23日

    友達に新書を読めと言われ始めて自分で買った一冊。どちらかというと犬派の私でも笑顔になってしまいそうな事がいくつも。家で飼っている猫の見方、近所の野良猫の見方が変わったような気が無くもない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月13日

     ノラネコロジーとは<野良猫+エコロジー>のことだそうで、玄界灘の島に渡って200匹の野良猫を7年間も観察を続けたネコ博士が開発した学問の新ジャンルである。センスの良さはこの命名を見れば一目瞭然、ブリジット・バルドー全盛期の頃のフランス映画のような話や同性愛に走る猫の実例等々、じつにおもしろい。
     ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月01日

    動物生態学者による猫の生態に関するエッセイ。最新の生物学的知見と筆者のフィールドワーク結果をバランスよく折り込みながら平易に説明した良書。猫の群の個体識別の話題は、京大霊長類研究所のサル学でも使われていた手法と思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    「ねこ」の魅力の秘密が、筆者の7年間の相の島でのフィールドワークを踏まえて記述されている。
    なぜ人はねこに惹かれるのかという疑問を、ねこの歴史や生態から紐解いているので、ねこをもっと好きになることができる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月06日

    相島のネコを長年研究した山根氏の著作。
    島民と共存する野良猫たちの生態を詳しく綴っています。
    ネコ可愛いな視点ではなく、
    動物としてのネコの生き様がよくわかります。
    動物の生態学の記述が多く、かなり読み応えがありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月04日

    17年間猫を飼っていた身としては、野良猫中心の内容だったので、少し物足りなさを覚えてたが、長期間にわたる研究の成果が詳しく記述されていて、大変勉強になった。少なくとも近所の野良猫を見る目が変わったし、喧嘩をしている様子も面白く見守ることができるようになった。NHKの番組で、この本に書かれている内容が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月13日

    むかし猫と一緒に生活していましたが、本書を読んで「ある、ある」とうなずく部分と、「へーそうなんだ」と新しく得られた知識もありました。いつも我々の生活の近くにいた猫ですが、学問的調査としてのノラ猫生態調査の中から、現代社会が変化してきた結果の猫と人間の課題まで、扱う視点は広がっていきます。

    よいこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月30日

    猫って可愛いよねの一存でかってはいけないし、餌をあげてもいけないんですねと、改めて実感。

    猫のルーツから始まり、ねこの一生やひととの関係について。

    野良猫と飼い猫は、どちらが幸せかなんて、結局はねこに聞いてみないと分からないのかもしれない。ただ、お互いの世界を知っている猫は、そうはいないと思うの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています