全盲の僕が弁護士になった理由

全盲の僕が弁護士になった理由

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜ彼は、光を失っても絶望せず、軽やかに笑って生きているのか…
全盲弁護士の生き様には、全ての困難を突破するヒントが隠れている!

●困難な目標を達成する突破力とは?
●顔を見ずに人の心を読むテクニックとは?
●苦難をエネルギーに変える思考法とは?

震災、不況、高齢化…。逆風だらけで「できない理由」が身の回りに溢れているいまだから読みたい1冊

 全盲弁護士・大胡田誠の半生を描く本書の企画はそこから始まった。12歳で視力を失いながらも弁護士を志し、8年の苦学を経て司法試験に合格。町弁(町医者的弁護士)として深刻な悩みを抱える依頼者を支える一方で、全盲のパートナーと結婚し、子育てにも奮闘する。 どんな逆境にあっても、人生を「楽しむ」ことを諦めない。そんな著者の生き方に迫る。困難と闘うすべての人に贈る、汗と涙の奮闘記。身近で素朴な疑問から弁護士の仕事の裏側まで、ハンディに負けずに明るく生きる秘訣を紹介する。

ジャンル
出版社
日経BP
電子版発売日
2014年10月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

全盲の僕が弁護士になった理由 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月18日

    テレビ番組で大胡田誠さんの特集をみて本書を拝読。

    「健常者と同じにように障害者と接して」と度々言われるが、それは無理なことだと私は思う。批判や誤解はあるかもしれないが。健常者と同じように接するということは我々が健常者にするのと同じように性格を批判したり欠点を揶揄したりしないといけない。「弱者を労わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月30日

    本の中ではさらりと書いてますが、いろいろ大変だったんだろうなと想像できました。人生何事も負けてはいけないということが伝わってきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月20日

    「あきらめない心の鍛え方」という副題は内容と照らし合わせて適当なのかどうか若干疑問だが、書籍の内容自体は素直に書かれている文章で好感が持て、と同時に色々と考えさせられるところも多い良書だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月10日

    会社の上長に薦められて読んだ一冊。

    全盲というハンデを持ちながら、弁護士という最難関の資格・職業を目指した方の、想像もつかない努力や背景に興味を惹かれて読みました。



    努力の仕方やノウハウを記したものではなく、
    著者やその周りの方々との今までの経緯を綴った一冊でした。



    【内容の抜粋】
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月17日

    読む前から想像はついていたけど、溢れる涙は抑えられなかった。

    拘置所で「所持金が底をついて、世話になった知人に出す葉書も買えない」とため息をつく万引きの常習犯の言葉を聞いた帰り際、財布にあったなけなしの2千円を係官に託す著者。

    被告人が派遣切りを恨んで無言電話を続けた相手の男性社員に代わりに謝罪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月04日

    全盲の弁護士 大胡田誠さんのドキュメント

    「見える」人でも難しい資格に挑戦し、結果を出したこと。
    そしてその後も弁護士として健常者と同様に
    「普通に」勤務されていること、どちらにも驚きがあった。

    見えない人を考えて試験問題を作るわけでは無い事
    多くのボランティアが翻訳すること、
    誰かに協力しても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月24日

    命がこれほどまでに儚いものであるならば、この幽玄な宇宙の中で、同じ場所で同じ時を共有できる事自体が、おそらく奇跡なのだ。一期一会。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月28日

    先天性の目の障害を持ち、12歳で失明した著者。
    小さい子供、そして育てる親にとって未来は恐ろしいものだったと思う。
    普通の子供として(弟も同じ先天性の障害を持っている)育てようとした両親の努力、そして苦しみながらも親の愛を信じて付いていった子供たちの姿が胸を打つ。
    兄は全盲の弁護士に弟も教師として活...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月29日

    最初は読むのを断念しそうになったが、
    だんだん読んでいるうちに、なんて前向きな人なんだ。と感動した。

    自分だったら目が見えなくなったら引きこもってしまいそうだけど、
    目が見えないことに甘えることなく前へ前へ進む姿、
    見習わないといけない。

    自分の子育てにも役立ててみようかと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月16日

    目が見えないからこそ、人の心が分かる。

    目は口ほどにものを言うとは言うけど、口も心を語る、と。

    何だかよく分かる。

    そして「心と心は鏡」もよく分かる。

    自分が苦手だな、と思う相手は、相手も何かこちらを苦手と思っているはず。

    自分がもし全盲になってしまう子供を産んだとして、こんな風に育てられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

全盲の僕が弁護士になった理由 に関連する特集・キャンペーン