アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女
  • 値引き

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女

作者名 :
値引き価格 308円 (280円+税) 5月26日まで
通常価格 616円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

王国の城壁に囲まれた街で歴史書作りを夢見るエマ。だが、『聖杯』の行方を記した書を追う三人の騎士と出会った日、殺人の罪で父が捕縛されてしまう。相性最悪の騎士バルトは、エマの“絶対記憶”を使えというが!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 角川ビーンズ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
シリーズ
アドリア王国物語シリーズ
電子版発売日
2014年10月01日
紙の本の発売
2014年08月
サイズ(目安)
5MB

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年01月21日

    ラノベの王道という感じ。
    メイン、サブ共にキャラクターに好感が持てるし、ストーリー展開も飽きさせずなかなかおもしろかった。

    次巻以降に期待したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月15日

    オーソドックスなファンタジーでむかしのライトノベルを読んでいるような感じがしました。カバーイラストはエマのかわいらしさとバルトの重さを両立させていてよいイメージです。

    これからエマの特異な記憶力がどのように発揮され、その能力ゆえの苦しみがどう描かれていくのか注目したいです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    逆ハーではない

    koa 2017年12月08日

    主要男性キャラが3人出てきますが、当初からヒロインのお相手は決まっている感じでしょうか。

    ヒロインのエマは平凡な外見と性格ですが、物事を全て忘れない『絶対記憶』の持ち主。母親はいないけれど優しい父親と暮らす本好きの少女です。

    自分の能力を活かして父親の殺人容疑を晴すために頑張ります。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月02日

    「女神と棺の手帳」が面白かったので買ってみました。
    女の子1人に男3人と前作と同じく男性陣が多いのですが、3人とも系統が違う男前で、どれも魅力的。エマは「絶対記憶」という能力を持つ女の子で、こちらも前作と同様に嫌な感じはしない女の子で面白かったです。

    エマの相手はバルトだと思いますが、ちょっとだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    「女神と棺の手帳」の文野さんの新作。
    主人公は今まで見聞きしたことを忘れない絶対記憶の能力を持つ女の子。便利そうだけど辛い記憶とかもずっと鮮明に覚えてるってことだから大変そう。彼女はその絶対記憶の能力を駆使して父親の殺人疑惑の汚名を晴らしたり、各国が血眼になって探している「幻黒の書」にまつわる話を記...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ビーンズ文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング