異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集
  • 完結

異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“それ”は、隕石とともに、その村にやってきた…。そして、想像を絶する恐怖の幕が上がる。ホラー小説の巨星ラヴクラフトが「もっとも満足のいく作品」と自ら語った最高傑作に、『魔犬』で大きな話題を呼んだ気鋭の絵師が挑む。クトゥルフ神話の最深部、香気と戦慄が横溢する圧倒的な“煉獄”に、酔え、震えろ。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビームコミックス
電子版発売日
2015年09月26日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

関連タグ:

異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    田辺剛氏の作品『異世界の色彩 ラヴクラフト傑作集(2015)』を読んでみた。 今回もすごく良かった。 引き込まれていった。 世界観に描写や台詞など・・・どれをとっても傑作です!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    全6章から成るお話し。
    そのせいか他の短編集よりページ数多めで読み応えがありました。

    今回は旧支配者的な怖さじゃなくて、未知の災害的な怖さかな…?と思わせといてやっぱりかッ!(´;ω;`)
    …的な。見事な構成です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月28日

    まるまる一冊表題作。
    ある日隕石が落ちてきて、そこからどんどん奇妙な現象が広がっていくお話。

    徐々におかしな植物が成長し、それは家畜、そしてやがて人間までじわじわと侵食していく。何が相手なのか分からない怖さ。

    白黒なのに、何とも名状しがたい不気味な色合いが脳裏に浮かんで身震いする…。人智の及ばな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月03日

    今回は短編集ではなく一本の作品の漫画化で、それなりの厚みがある。面白かった。なすすべのない驚異というやつは本当に怖いな、ぞっとした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月01日

    のどかな農家が、隕石の落下により次第に異界へと姿を変えていく話。全編暗い筆致で、平和な生活が徐々に変質していく様子、そしてその果ての光景などが実におぞましく描かれる。グロじゃないんですよな。しかし明らかに異常で恐ろしい。

    このレビューは参考になりましたか?

ラヴクラフト傑作集 のシリーズ作品 全9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています