PG14(桜ノ杜ぶんこ)

PG14(桜ノ杜ぶんこ)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

地方都市T県奥志麻で暮らす千里一條は、他人には見えない一冊の『本』に憑かれていた。一條の人生が物語として著かれたこの『本』は、人生の重要な分岐点が訪れると、幾つかの選ぶべき道を示してくれるのだ。ある夏の日、そんな『本』に憑かれた日常を送る一條の前に、一人の少女が現れる。しかし、彼女との出遭いで開かれた『本』のページは、「世にも恐るべき選択肢」で埋め尽くされていた……。

彼女――叔美は何者なのか!?

これは、とある少年[ほん]と少女[しにがみ]が出逢う物語――。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
一二三書房
掲載誌・レーベル
桜ノ杜ぶんこ
シリーズ
PG14(桜ノ杜ぶんこ)シリーズ
ページ数
444ページ
電子版発売日
2014年08月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

PG14(桜ノ杜ぶんこ) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    面白いんだけど……

    やじば 2016年03月08日

    つまらなくはない。買って後悔もしていない。ただ、ギミックにこだわりすぎたためか、登場人物が魅力的じゃない。
    ビジュアルありきのゲーム原作やってた弊害かしら。

    このレビューは参考になりましたか?

PG14(桜ノ杜ぶんこ) のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • PG14(桜ノ杜ぶんこ)
    660円(税込)
    地方都市T県奥志麻で暮らす千里一條は、他人には見えない一冊の『本』に憑かれていた。一條の人生が物語として著かれたこの『本』は、人生の重要な分岐点が訪れると、幾つかの選ぶべき道を示してくれるのだ。ある夏の日、そんな『本』に憑かれた日常を送る一條の前に、一人の少女が現れる。しかし、彼女との出遭いで開かれた『本』のページは、「世にも恐るべき選択肢」で埋め尽くされていた……。 彼女――叔美は何者なのか!? これは、とある少年[ほん]と少女[しにがみ]が出逢う物語――。
  • PG14(桜ノ杜ぶんこ)2
    660円(税込)
    『14』の少女・叔美との出逢いから数ヶ月――― 叔美を救った代償として負った傷により、千里一條は夏休みの大半を棒に振ってしまう。 せめて残り少ない数日間の夏休みを謳歌するべく、『夏休みデビュー計画』を立てるのだが―――。 そんな中、姉の碧流が叔美を伴った海への旅行を提案する。 しかし、それは様々な思惑の交差する、地獄の社員旅行だった。 『タタリ』や『新たなるcS[刺客]』を前にした予想だにしない人生の分岐点で、 『本』はまたしても一條に『選択』を迫る。 待望のスラップスティック・ブックアドベンチャー、第二弾!
  • PG14(桜ノ杜ぶんこ)3
    660円(税込)
    奥志麻では、秋になると『真知廻』と呼ばれる、『ヒトデナシ』たちの宴が始まる。千里家を継ぐと決めた一條は、その席で長老たちから「名跡」として認められなければならない。何ごともなく予定通り進んでいるように思えたが、再び現れた千里十行によって事態は急転直下混沌とする。 「マイサンに資格がないのを証明しようじゃないか!」 長老たちの前で十行との対決を余儀なくされる一條を助けるべく、動き出す碧流、叔美、アカハたち。だが、全ては「名跡」を奪い取る為に仕組まれた十行の罠だった。 選択視を消し去る『力』を前に、選ぶ余地のない窮地へと追い詰められていく一條の『選択』は――― お待ちかねのスラップスティック・ブックアドベンチャー、第三弾!

PG14(桜ノ杜ぶんこ) の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

PG14(桜ノ杜ぶんこ) に関連する特集・キャンペーン