科学の名著 第2期<2> ウィルヒョウ : 細胞病理学

科学の名著 第2期<2> ウィルヒョウ : 細胞病理学

作者名 :
通常価格 7,150円 (6,500円+税)
獲得ポイント

35pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「すべての細胞は細胞に由来する」という基本思想を、栄養の理論、伝統病理学の批判、新生の理論という三つの構成の下に展開、現代病理学の礎石となった。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
朝日出版社
掲載誌・レーベル
科学の名著
ページ数
376ページ
電子版発売日
2014年08月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
90MB

科学の名著 第2期<2> ウィルヒョウ : 細胞病理学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

科学の名著 第2期 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 科学の名著 第2期<1> インド医学概論 : チャラカ・サンヒター
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 インドの伝統医学体系はアーユルヴェーダと呼ばれ、今日なおその命脈を維持している。『チャラカ・サンヒター』は二千年にも亙って、アーユルヴェーダを伝えてきた実用的医学書。
  • 科学の名著 第2期<2> ウィルヒョウ : 細胞病理学
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「すべての細胞は細胞に由来する」という基本思想を、栄養の理論、伝統病理学の批判、新生の理論という三つの構成の下に展開、現代病理学の礎石となった。
  • 科学の名著 第2期<3> 近代熱学論集 : アンペール、クラウジウス他
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 カロリック(熱素)についての学「熱学」のアンソロジーとして、ラヴワジエ、クロフォード、ランフォード、ハーシェル、ヘラパス、ジュール、クラウジウスを含む19論文を収録。
  • 科学の名著 第2期<4> ラヴワジエ : 化学原論
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 従来の化学の誤りを正すべく著され、第一部「質量不変の法則」、第二部「元素は化学分析の到達した現実的な限界」等、化学の新しい体系を示し、化学の方向を規定した革命の書。
  • 科学の名著 第2期<5> ラマルク : 動物哲学
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 動物分類の根本的問題と進化現象について、生命論と生理学について、心理現象の生物学的研究について等、ダーウィンに先立ち進化論学説の創始をなす著作。
  • 科学の名著 第2期<6> ドルトン : 化学哲学の新体系 他
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 気象学、気圧計、温度計などの観測機械、気体の性質等多岐に亙る研究から、「化学哲学の新体系」「色覚に関する異常な事実」「水および他の液体による気体の吸収について」等を収録。
  • 科学の名著 第2期<7> デカルト : 哲学の原理
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 第一部「人間的認識の原理について」が形而上学を扱い、他の第二部から第四部までが自然学の全体系を示す。「物理的事物の原理について」「可視的世界について」他。代表作の初の完訳。
  • 科学の名著 第2期<8> ボイル : 形相と質の起源
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 『懐疑的な化学者』と並ぶ主著。物体の質的多様性、質的変化はスコラ派の曖昧な実態形相と質の理論に頼ることなく、粒子の組織と運動を用いて機械的に生成することを示した。
  • 科学の名著 第2期<9> ベルナール : 動植物に共通する生命現象
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 実験生理学を方法論的に基礎づけた、19世紀ヨーロッパ最大の生理学者の一人であるベルナールの研究の集大成。機械論、生気論を打倒目標とし、自らの立場を物理化学的生気論とした。
  • 科学の名著 第2期<10> ホイヘンス : 光についての論考 他
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 力学、数学、天文学、光学と広い範囲に亙るホイヘンスの業績の各分野から、代表論文を選りすぐった初のアンソロジー。『光についての論考』『衝突による物体の運動について』他。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています