白旗の少女

白旗の少女

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

太平洋戦争末期の沖縄本島の南部。この日本最大の激戦地で、逃亡の途中、兄弟たちとはぐれたわずか7歳の少女が、たった1人で戦場をさまようことになった。しかし、偶然めぐりあった体の不自由な老夫婦の献身で、白旗を持って1人でアメリカ軍に投降し、奇跡的に一命をとりとめた。この少女の戦場での体験をおった愛と感動の記録。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社青い鳥文庫
電子版発売日
2014年07月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

    Posted by ブクログ 2015年09月08日

    七歳になったばかりの少女が、沖縄戦争に巻き込まれ、逃げる途中ですぐ上の兄が流れ弾に当り死亡する。二人の姉とも別れ別れになり、一人で逃げることになった。
    その間、いくつもの死体を見ただろう。感覚の麻痺していくさまが苦しくなる。

    最後の最後、ガマで出会った老夫婦から命を大切にしろと諭され、老人の褌の前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    著者の少女の頃の沖縄地上戦体験を書いています。漢字も少なくて子供向きの内容に書かれていても生々しくて大人でも衝撃を受けるでしょう。表紙の写真の意味も当時にわかります。
    4061485296  221p 2000・3・15 1刷

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月29日

    おおよその概略は知っている、と思っていたが、読んで良かった。
    少女(著者)が掲げている白旗が、どのようにして作られたのか。どうして手を振ろうと思ったのか。そこに、この体験記の真骨頂があると思う。
    本人に自覚はなかったと思うが、ガマの存在、そのガマにいたおじいさんとおばあさんが諭す「人の命は、その人一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月03日

    子供向け新書の「青い鳥文庫」からの出版だったので、子供用に安易な表現に改定されているのか?と疑問を持ちつつ購入。

    あとがきを読んだ限りでは特別な改定はされていないようだった割には、ほかの手記にあるような生々しい表現は殆どなかった。

    6~7歳の子供が一人で鉄の雨を逃げ延びていたなんて、本当に信じら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています