死を忘れた日本人 : どこに「死に支え」を求めるか

死を忘れた日本人 : どこに「死に支え」を求めるか

作者名 :
通常価格 1,134円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

伝統も宗教も失って、無力に死に直面する日本人に救いはあるか。どこに「死に支え」を求めるか、がん専門医が、2万人の治療に関わって考えたこと。

ジャンル
出版社
朝日出版社
ページ数
255ページ
電子版発売日
2014年07月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2010年09月18日

昭和に入るまで「○○家の墓」はなかったということは、墓を守るって概念自体が親の世代のものでしかないわけだ。日本中のソメイヨシノが江戸の染井村で人工交配によって作り出された桜で全く同じDNAを持っているとは知らなかった。ドリーだな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年07月10日

日本人(40代以上)の死因第一位の「がん」や、がん治療について、新たな視点や考え方を得る事が出来た。がん治療の功罪についても考えさせられた。
宗教や死生観、哲学の分野にも踏み込んでいるが、宗教については恐らく著者が無宗教のためか解説がお粗末な感は否めない。がんという、緩やかな死・人生のタイムリミット...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月10日

死後は、ただ灰になるだけだと思っていたけれど、元素として宇宙に吸収され、また何らかに生まれ変わっているそうです。死んだら星になるって昔から言うけれど、あれは本当の事だったのね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「学術・語学」ランキング

1 / 3 ページ
「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play