まじもじるるも 魔界編(1)
  • 完結

まじもじるるも 魔界編(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『弱虫ペダル』は頑張る男の子の話、『るるも』は頑張る女の子の物語として描きました。――(渡辺航)激アツ自転車マンガの渡辺航がおくる最高にアツい魔女っ子マンガ「シバキコウタ――。まだ、おまえにありがとうと告げてない!!」――契約者シバキコウタは死んだ。それが、地上界で修業していた子魔女るるもの、魔女への昇格の代償だった。死んだ者を魔法で蘇らせることはできない。それでも彼女は願う、コウタとの再会を。世界の掟に挑む、小さな魔女の孤独な戦いが始まる……!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年シリウス
電子版発売日
2014年07月25日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
89MB

まじもじるるも 魔界編(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年07月08日

    まさかの1巻まるごとシバキの喪失。ただ数P泣いて終わりじゃなく、色々ある中でこれでもかと丁寧に描かれる心の動き。ラストは本当にわけがわからなかったけど、そりゃとにかく嬉しくもなるわ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    "「まって 記憶を消したら写真のあなたも消えるの?」
    「…いや それはない
    どうせ誰かは判別できないからな 開け 魔力の門」
    「よかった じゃあ見るわ そして思い出す!!」
    「不可能だ
    タナコ おまえは地上の言葉でいうところの
    "ポジティブ"だな
    少し あいつに似ている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月28日

    前シリーズの衝撃的なエンディングで気になってきたので購入。僕好みに話が歪んできたので満足。でもこの巻のラストでまたどんでんがえし来たけど、このままご都合主義で前みたいに愉快路線に行くのだとしたらちょっと残念。もっとドロドロしてほしい。次に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

まじもじるるも 魔界編 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • まじもじるるも 魔界編(1)
    完結
    『弱虫ペダル』は頑張る男の子の話、『るるも』は頑張る女の子の物語として描きました。――(渡辺航)激アツ自転車マンガの渡辺航がおくる最高にアツい魔女っ子マンガ「シバキコウタ――。まだ、おまえにありがとうと告げてない!!」――契約者シバキコウタは死んだ。それが、地上界で修業していた子魔女るるもの、魔女への昇格の代償だった。死んだ者を魔法で蘇らせることはできない。それでも彼女は願う、コウタ...
  • まじもじるるも 魔界編(2)
    完結
    「バカだ、私は――。おまえとの時間がこの先も続くと勘違いしてしまった」魔女をやめて故郷に帰ろうとした彼女の前に差し伸べられた大きな手――。顔を上げると、あの雨の葬儀の日から何度も夢に見たシバキコウタの笑顔があった。停まっていた二人の時間は再び動き出す。しかし、魂晶を盗んだ犯人を追う魔界管理局の捜査の手がるるもに迫っていた……!!
  • まじもじるるも 魔界編(3)
    完結
    魔界管理局からるるもを救い出し、大逃避行の末「魔界の門」に飛び込んだ耕太(こうた)は、5人の魔女と2匹の使い魔を連れて約1か月ぶりに地上に帰還する。しかし、生前の肉体も火葬されて地上界では完全に死亡したことになっている耕太が、家族や友人達と無事に再会を果たせるのか!? そして、魔界で互いに自分の気持ちに気付いてしまったるるもと耕太、二人の恋の行方は? ラブコメ要素200%UPの地上界パート...
  • まじもじるるも 魔界編(4)
    完結
    「るるも、いつかまた地上で会えるか――?」魔王に直訴すべく、たった二人と一匹で敵地となった魔界に侵入する耕太(こうた)たち。るるもは無事魔王のもとに辿り着いて冤罪を晴らせるのか? 耕太は人間の体に戻れるのか? そして、耕太とるるもの恋の行く末は!? 恥ずかしがり屋の子魔女のマジカル・ファンタジー、感動の最終巻(フィナーレ)!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています