日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 東京都 杉並区2(電子版)

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 東京都 杉並区2(電子版)

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2008年発刊の『日本の特別地域 特別編集 東京都杉並区』では、
中央線沿線をモデルケースとして、杉並区に対するイメージは本当なのか、というか、
そもそもイメージばらばらじゃないか?といったあたりを考察した。

まあざっくりと要約してしまえば「駅ごとに人種が違う」。
さらに言えば、同じ駅を利用する人間たちの中にも絵に書いたようなブルジョワもいれば、
良くわからない自由人もいる。
これが杉並区に対する印象のバラつきの原因だった。

「駅ごとの違い」について考えるうちに、
駅と言っても中央線と井の頭線、西武新宿線でもずいぶん違うよね、
という杉並区民なら当然な結論にブチ当たる。

野蛮でガサツでそれが魅力なのが中央線なら、
ハイソで瀟洒でステータスになるのが井の頭線沿線。
西武新宿線は、杉並がどうこうというより「西武」の支配地域でまた別世界。
同じ杉並区内でも随分と違う、路線別、エリア別住民傾向もそれぞれ違う。

「貴族」と「素浪人」が杉並区というフィールドの中に同居しているのでは?
これが杉並本2冊目となる本書のテーマだ。

永福あたりに住んでいる住民は、高円寺の端に住む筆者から見れば、まるで貴族である。
じゃあ俺らは素浪人か? 蛮族か? 善福寺川はルビコン川か!?
そして、抱かれる「イメージ」が本当かどうか、
実際にデータと取材、自分の目と足で確かめるのが、本シリーズの持ち味でもある。

1冊分の紙幅を用いて、杉並区の人種クラスタをチェックしていこう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
マイクロマガジン社
掲載誌・レーベル
日本の特別地域
ページ数
144ページ
電子版発売日
2014年07月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
74MB

関連タグ:

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 東京都 杉並区2(電子版) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月04日

    杉並区の歴史、成り立ちについて。

    中央線、京王線、西武線の3つにわけ、それぞれの違いを解説。

    たとえば、中央線は昔荻窪駅しかなく、高円寺・阿佐ヶ谷はあとから
    陳情を受けて作られた。
    貴族・軍人が、関東大震災後に土地を求めて転居してきた。とか
    なるほどと思えることがかなりあった。

    土地の成り立ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています