日本の特別地域5 東京都 新宿区(電子版)

日本の特別地域5 東京都 新宿区(電子版)

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「新宿区」と聞いて、読者のみなさんは最初にどんなものを思い浮かべるだろうか。
やはり世界最大の規模を誇る新宿駅や、大オフィス街。
もしくは巨大な都庁だとか、とりあえず「大」の字がつくものばかりだと思う。
これら「大」の字群は、新宿駅から徒歩数分圏内にあるものばかり。

つまり、「新宿区のイメージ」とされるものは、勤務地であったり買い物をする場所であったり、
電車を乗り換える駅であったりする新宿駅周辺のみで成り立っているといっても過言ではない。
それに加えて「やくざ銀座」やら、歌舞伎町や新宿二丁目、ゴールデン街など
「危険だったり怪しかったりする飲み屋街」といったところか。
これもまた世界最大級の規模である。

そして、商業地区・オフィス街のみの区ではなく、多くの人間が暮らす街である。
とはいっても、
「新宿に住んでいるのって、すげー高い億ションとかに住んでいる少数の金持ちだけでしょ」とか
「治安が悪そう」など、
住宅地としての新宿区は「高くて危険」という悪いイメージをもたれている。

だが、これは果たしてどの程度正確なイメージなのだろうか。
新宿区を調べれば調べるほど、
「本当は新宿区内のそれぞれの地域が密接な関係性を持ち、それぞれが影響しあっている」
ことがわかってくる。
そしてまた、
「なぜ、密接に関係しあっているのに、表面的にはまったくの別物に見えるのか」
ということも見えてきた。

その原因は、30年前に新宿区を襲ったインフラの再整備、つまり都電の廃止が大きく影響していたのだ。
こうした新宿の噂・闇なども含め新宿区の過去から現在を見ながら探っていくことにする

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
マイクロマガジン社
掲載誌・レーベル
日本の特別地域
ページ数
176ページ
電子版発売日
2014年07月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
64MB

関連タグ:

日本の特別地域5 東京都 新宿区(電子版) のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています