湯上りあとの朝ビール。「この余裕、この贅沢。今日は何からどうしよう」 『孤独のグルメ』原作者による“孤高の朝活グルメ”三度TVドラマ化した「孤独のグルメ」の原作者久住昌之が、 新たに提案するのが“ふらっと朝湯酒”。その名の通り、朝風呂に入ってついでに一杯飲んで帰るエッセイである。 朝風呂の気持ちよさを旅行のときだけにとっておかないで、もっと気軽に「朝風呂」を楽しんだっていいんじゃない!? ついでに、かる~く「朝酒」を嗜んだっていいんじゃない!? 『孤独のグルメ』でも作中モデルになったお店も再度レポート!朝っぱらから風呂入って酒飲んで寝る!前代未聞の「朝風呂」×「朝酒」痛快エッセイ。(本文より) 朝湯のあとの朝食のあとの、寝。この二度寝が好き。 本当は朝の温泉より、旅館の朝ご飯より、好き。この二度寝の、眠りに落ちていくとき、最高。絶頂。しあわせの絶頂。まさに、イッてしまう心地。この瞬間のために旅行に出てきた。といってもいい過ぎではない。その絶頂の前戯の皮切りが、朝風呂というわけだ。ふと思ったのだ。 別に遠方に旅をせずとも、朝風呂に行ったっていいんじゃないかと。自宅の狭いプラスティック風呂にちょこっと湯をためて、チョポンと入るんじゃなくて、ちょっと出かけてって、天井の高いでっかい風呂に、朝からザブンと入るのもいいんじゃないか。いや、いいに違いない。■目次■第一話 御徒町の湯と酢豚定食 第二話 荻窪の湯とモーニングプレート第三話 赤羽カプセルとジャン酎モヒート第四話 仙川の湯と天せいろ第五話 六郷温泉と冷やし中華 第六話 久松温泉と冷やしたぬきうどん第七話 よみうりランドの湯とペペロンチーノ第八話 成城の湯とカレーライス 第九話 武雄温泉とごどうふ第十話 糀谷の湯と目玉焼き

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
200ページ
電子版発売日
2014年06月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ふらっと朝湯酒

Posted by ブクログ 2015年08月10日

朝から風呂に入って酒を飲む。それだけの行為だが、ちゃんと味わいちゃんとくつろぐには、それなりの経験と工夫がいる。それでも、風呂入って飯食って飲んでるだけですけどね。最高です。

このレビューは参考になりましたか?

ふらっと朝湯酒

Posted by ブクログ 2014年04月09日

○漫画原作者、アーティスト等幅広く活躍する久住昌之氏の著作。
○旅館や銭湯での朝湯と、そこからの流れで楽しむお酒(そして二度寝)をテーマに、10話のコラムをまとめたもの。
○著者の人間性あふれる語り口調が、そのまま文章に表れており、とても面白いし、お酒が飲みたくなる。
○朝から銭湯、ぜひやってみたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ふらっと朝湯酒

Posted by ブクログ 2015年03月28日

優雅ですな。庶民の贅沢というか。
真似したいとは思わないけれど、ときどき話を聞きたくなる。変わり者の叔父さんみたいな。

このレビューは参考になりましたか?

ふらっと朝湯酒

Posted by ブクログ 2016年08月16日

孤独のグルメのあとの「ふらっとQusumi」感覚になれます。
おしゃれな今風の温泉ではなく、昭和の薫りの残る街の銭湯や温泉旅館がでてきて、ある程度の年齢以上の方には、よく雰囲気が伝わるのでは。

このレビューは参考になりましたか?

ふらっと朝湯酒

Posted by ブクログ 2014年03月23日

朝からやってる銭湯に入り,そのあと昼酒.気持ちいいでしょうね.私,本当にこういうの好きだ.
取り上げられてる中で,私が入ったことがあるのは2箇所.ローカルな話で面白がってしまった.別の一箇所もそう遠くない.有給取って平日の昼間に行って見たいものだ.

このレビューは参考になりましたか?