美女のたしなみ

美女のたしなみ

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

女芸人として華やかな芸能界で活躍する一方、会社の片隅で黙々とクレーム処理をし続けていた著者。ギャップの激しい生活に悩んだりイライラしている大久保さんの日常は、共感せずにはいられない! みんなから嫌われたくない、合コンで連絡先を聞かれなかった、後輩に嫉妬する、会社のランチタイムが苦痛などなど。いつもため息ばかりついているそこのあなた、身に覚えあるでしょ?(『私、地味女』改題)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

美女のたしなみ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年05月18日

    大久保佳代子が
    もっともっと
    好きになった。

    でも、いつまでも
    独身はよくないね

    2014.5.17

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月01日

    正直な人なんだなぁとおもいます
    ここまで自分のこと描けないかなぁ…

    自虐ネタが多いのですが、あまり嫌みではないです
    わかる!わかる!と思うところも沢山ありました

    教訓を得るとか生き方を見習うなどという箇所はないので、あくまでも暇潰しにどうぞ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    たぶん、これが本音の大久保さんなんやろうな。
    ここまで大胆に書けることは、なかなかほかのひとにはできないんじゃないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月22日

    こんなに自分の恥ずかしい、みっともない部分もさらけ出せるのはすごいし、
    ネガティブな感情は人を不快にさせがちなのに、しっかりおもしろく、共感させながら読ませるのはさすがです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月12日

    OLと芸能界の二足の草鞋を履く著者の、私生活から思想までを綴った一冊。完全な芸人ではなく、一般の社会人も兼ねている所がリアルに感じさせます。お笑いの人と言えど、そこは皆と一緒で様々な悩みや苦悩が。華やかに見える芸能界も実は変わらないのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています