フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1999年、ミネアポリスの超高級ホテルに米国を代表する加工食品大手の首脳が極秘で会合を開いた。コカ・コーラ、ネスレ、ナビスコ、クラフト・・・。会合の目的は、「肥満や生活習慣病の急増と加工食品」だった。砂糖、塩、油がたっぷりの加工食品が原因になっていることはあきらかで、今のうちに手を打たないと集団訴訟のターゲットになりかねない。
表面上は、「ヘルシー」「ローカロリー」を謳いながら、健康を度外視して売れる商品を作り続けなければならない食品企業の実態と内幕を、ピュリッツァー賞受賞記者ならではのきめ細かい調査取材によって暴くとともに、加工食品の罠からどのように身を守れば良いかを消費者に説く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
日経BP
ページ数
524ページ
電子版発売日
2014年06月06日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月08日

    健康に関わる食品の世界も消費者ではなく株主の利益第一主義に走っているのだと知り恐ろしくなった。正しい情報と見極め選択する力が必要だと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月01日

    アメリカっちゅー国はコワイよの~
    なんせ、国民よりも利益の方が需要っていうんだから~

    「SALT」「SUGAR」「FAT」
    この3つを制するものは全てを制す!

    アメリカの食品業界においてこの3つこそが食品の売り上げを決める要素と言っても過言ではないのだとか。

    砂糖の甘みが増せば増すほど脳は快感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月06日

    アメリカのジャーナリストの力強い調査と追求力は
    眼を見張るものがある。渾身の筆圧が感じられる。
    アメリカだからできるのだろうか。
    徹底したインタビュー。
    必要な文献の調査。そして、内部文書まであたる。
    日本では、このようなジャーナリストが
    育たないような気がしてならない。
    なぜなのだろう。

    砂糖、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月08日

    塩分、糖分、脂肪分
    日本の食品メーカーも、これと似たり寄ったりのことをしているんだろうなあ。
    日本も、働くお母さんが増え、子供との食事に加工食品が増えたら、肥満や糖尿病の子供が増えるだろうなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月10日

    新聞の書評から興味を持って。食品の大企業により仕掛けられた、糖分脂肪分塩分の至福の罠。一日の摂取量を大幅に超えたところにある、人々の満足点。引き換えに不健康を得て(与えて)では健康的な物を開発…しても売れず。企業としては利益を得なければいけないゆえ、リバウンドのごとく盛られるこの至福の3アイテム。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月14日

    食べるものを 売らんが為に、こんな風に作って、売る、組織も会社もサイテー。そういう物を購入しないように 気をつけなくては・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月28日

    「何が欲しいかという人々の言葉に基づいて製品や広告を企画する物は、まったくの馬鹿者だ。」クラフト、ネスレ、ケロッグ、ゼネラル・ミルズ、ナビスコという食品大手企業や穀物メジャーのカーギル、ADM、コカコーラ対ペプシ、マクドナルドを始めとするファーストフードにコンビニのジャンクフード。彼らによって安くて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    食品は売れるものを作ろうと思うとどうしても依存性のあるもの開発しないといけないというジレンマがある。
    その中で、食品会社に勤めている人は商品に対してどのように誇りを持っているのだろうか?と否定するつもりはないのだが、気になったりはします。
    加工食品の方が安いので、フィリピンでもみんな加工食品ばかり食...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    膨大な取材と食料品の研究内容、肥満に関するデータから語られている、ドキュメンタリー作品。ある一面を見れば、タイトル通り至福の罠であり、その罠と半分認識しつつやめられない消費者とのリアルな関係を垣間見える一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    健康とは何か?

    この問いを現代社会を取り巻く複雑な産業構造の視点で、
    見解が述べられています。
    自分達は、多くの食品企業、メディア、医療機関に、
    ただ踊らされているだけかもしれません。

    とにかく、著者の圧倒的な取材量を舌を巻きます。
    これほどのジャーナリストは、まず日本にはいないでしょう。
    文献...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

フードトラップ に関連する特集・キャンペーン