青春少年マガジン1978~1983
  • 完結

青春少年マガジン1978~1983

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

家賃8千5百円の四畳半で、新潟から漫画家を夢みてやってきた19歳の小林まこと青年が食中毒で死にかけていた。上京して1年、挫折寸前の小林青年の元に届いた朗報は、少年マガジン新人賞入選! 半年前に応募した作品が賞金100万円獲得、即デビューとなった! いきなり開いた漫画界への扉、そして怒涛の週刊連載! 瞬く間に新人ラッシュ時代の旗手となる。だが笑いに満ちた青春時代も、やがて終わりを告げ……。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊少年マガジン
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
45MB

青春少年マガジン1978~1983 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年03月24日

    マガジン創刊50周年を記念して、
    小林先生の目線から描かれた
    マガジン史。(1978~1983)
    今や大人気作家さんとなった方も
    多数出てくるが、その中で
    埋もれた作家さんがどれだけ数多くいた事か。
    私はマンガ好きで、大抵どのジャンルでも
    手を出して読んでいるけど、
    三バカトリオの小野新二先生と
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月09日

    小野新二はどうみても矢作兼。
    そんなことはどうでもよく、昔の漫画が好きな人はぜひ読んでおきたい一冊。
    いやあ、「1・2の三四郎」まとめ読みしたくなるわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月29日

    ホワッツマイケルの作者の当時も含めた懐古談。友達との出会いと別れ。

    彼にとっては漫画を通した話だが、誰にでもある青春の輝かしい思い出と、それが思い出になりだした頃の切なさが素晴らしかった。
    今、30代40代の方にやっと分かりだした感覚じゃないかなあ。
    確かにあったけど、もう戻ってはこない感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マンガ家さんて本当に壮絶だな。こんな簡単な言葉で言ってはいけないけど。


    やっぱマンガ家さんは幼少の頃からずば抜けて絵が上手いんですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    青春時代からは少し外れますが、明らかにコミック誌に1時代を築いた人のギリギリの時代を描いた良作。
    「仮面ライダーを作った男たち」と同様に泣けること必須!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    良いマンガだった。
    読む前は、まんが道とバクマンの間みたいな話なのかと思ったら、
    80年代版の「漫画家残酷物語」だった。

    少年誌全盛期に死んだり、壊れたりした有能な漫画家はきっとたくさんいるんだろうな。

    それにしても小林まことのヒット作の数はすごい。
    いまでいうと浦沢直樹みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月17日

    小林まことの自伝漫画。時代が違うせいもあるのか、「バクマン」よりもドロくさくて生々しい。本当に命を削って描いていた漫画家達がここにいる。はなから漫画をやめるという選択肢がない人々はここまで追い詰められてしまうものなのか・・・。読者としてはそんな事情を考慮する必要はもちろんない。面白い漫画が読めればい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月17日

    このマンガがすごい! 2010 オトコ編 第3位
    おもしろくもあり、悲しくもあるマンガだと思います。
    バクマン。のマガジン版といった感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    懐かしかった。今思えば錚々たる顔ぶれだったなあ。昔のマガジンおもしろかったよねえ。只この本の1000円近い定価は、内容に比べて高い気がする。そういえば、昔もこの作者の漫画を買った時そう思ったことを思い出して、苦笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    思わず職場の同僚に勧めてしまった。ベテランの力強いおもしろさと、今、自分が描かなければ消えてしまうものがあるという叫びが一体になったとてもとてもよい作品。これを「週刊少年マガジン」誌上で読んだ中高生なんかはどう感じたのかな、扱われている作品のほとんどを知らないと思うが。そう、いま名を以て世に残ってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

青春少年マガジン1978~1983 に関連する特集・キャンペーン