花と惑星
  • 完結

花と惑星

作者名 :
通常価格 408円 (371円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

毎朝ジョギング中にすれ違う青年に恋をするなずな。しかし、挨拶すらできずにいた。そんなある日、その彼が高等部の先輩であることを知り、大喜びのなずなだが…!? 【同時収録】春の蕾/チヨと私と庭先で/告白物語

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
Cookie BOX
ページ数
190ページ
電子版発売日
2014年04月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2011年10月20日

    花の名前を持つ女の子たちの少しずつ繋がりをもったお話。
    どのお話も派手ではないけれど、温かみがあって切なかったです。
    少女マンガにしては大人しい絵柄と、どこか現実味のあるストーリーのおかげでさくさく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月12日

    『花と惑星』の3つのエピソード、全部可愛いくて胸キュンでよかった!男の子と女の子の感覚って全然違って、同じものを同じ目線で見られないからすれ違いが起こって…こっちがどんなに盛り上がっててもあっちはなんとも思ってなくて。笑
    読みながらキュンキュンしてました。
    蓮子の続編も良かった◎

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    地球がくるりと一回転して朝が来る
    きみの窓にも きみの窓にも
    大丈夫 きみは大丈夫
    何度でも 新しい朝は来るから

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月03日

    谷川史子先生の作品は、どこか身近に感じられ、何時も自分自身を鼓舞される。
    大好きなオムニバスで語られるストーリーの終着に、2度涙が溢れた。
    なずなの話は、後半少し急展開だったかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月02日

    それぞれに訪れる新しい明日。
    花の名前の主人公たちがそれぞれの恋をくりひろげる。

    人を想う事に期限はなくて、想えるなら想い続ければいい。そう思えるなら強いな。
    育生の言葉が蓮子に届いて、夢の世界から現実に目を向けるようになったのは進歩。お似合いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月06日

    3つの話がオムニバス形式で収められており、そのうちの一つのその後の話も収録されている。
    その話が一番好き。

    小学校からの幼馴染に中学の時に告られるも、びっくりして断ってしまう。その後女の子は好きだった事に気付くも、彼は北海道の高校に進学してしまう。疎遠になるが大学で再会し、再び仲良くなるが彼には彼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月21日

    「花と惑星」

    :なずな:
    ふわーー!りぼんコミックスです
    少年少女のキュンとするこのかんじたまらんとです(*´∇`*)
    勘違いってやつと、男の子/女の子のツンデレが溶け合う瞬間って
    どの漫画でもいいよね。ふわぁって感じがして。

    :睡蓮:
    身に覚えが...

    :百合と芍薬:
    恵まれた女の子って、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月02日

    あいかわらず、ストーリーが記憶に残らない、でも大好きな谷川 史子です。

    題名がすばらしいんだけど、別にこの題名でなくてもいいんじゃないかという気持ちもあります。
    谷川 史子は、すごいんだけど、どこがすごいのか説明できないんですよね~。

    だれか、わかりやすい言葉で、わたしに説明してください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月12日

    3人の女の子達の恋物語「花と惑星」、花と惑星のうちの2話目のアフターストリー「春の蕾」が収録されています。春の蕾は切ない…!きっと終わった恋を引きずってしまっている方には凄くしみるはず…と思いながら読んでいました。個人的に花と惑星の1話がとても好きです^^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    少しずつお話がリンクしている作品。

    少し切ないけど、こころが優しくなれる作品。谷川先生らしいお話。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています