起業家はどこで選択を誤るのか ― スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ

起業家はどこで選択を誤るのか ― スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ

作者名 :
通常価格 3,780円 (税込)
獲得ポイント

18pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

だれと起業するか? だれを雇うか? だれに投資してもらうか?
全米最高峰の<起業の授業>と絶賛された、ハーバード・ビジネススクールの気鋭教授が明かす、起業の「失敗の本質」。
他に類を見ない圧倒的な調査・研究による「濃密なケーススタディ×詳細な統計データ」
約1万人の起業家データベース、有名・無名の起業家へのインタビュー、全米の起業家調査の収集・分析など、ワッサーマン教授10年間の研究をまとめたのが本作。教授は米国経営学協会イノベーション教育賞、ハーバード・ビジネススクール優秀教職員賞、全米トップ10アントレプレナーシップ・コース(インク誌)を受賞するなど、いま注目の学者のひとり。
<本書で扱われる主なトピック>
●1人で起業するか、チームで起業するかを判断するポイント
●早い起業と遅い起業のメリットとデメリット
●誰と起業するかをどう決めるのか、相手によって考慮すべきことは何か
●肩書きはどうやって決めればよいか
●エクイティや給与はどう決めたらよいか
●いつ誰をどんな役割で雇えばよいか
●投資家とはどう付き合っていけばよいか
●ファウンダーCEO交代はどんなきっかけで、どのように起こるのか
●富とコントロールを両立した「起業家の理想」は実現可能か
●ブロガー、オデオ、ツイッター創業者の破天荒起業録
●典型的な「人の問題」に陥ったジョブズ&ウォズニアック

ジャンル
出版社
英治出版
ページ数
584ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月26日

起業家が直面する様々な決断、そのほとんどが失敗であるという結果から、なぜその選択をしてしまったのか(あるいはせざるを得なかったのか)について、1万社におよぶ事例研究に基づく分析と解説が500ページにわたって記載されている。キャリア選択、共同創業者、役割、報酬、雇用、CEO交代、資金調達と経営権などな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月19日

読書備忘録

・富とコントロールのトレードオフ
富・・・経済的価値を増大させるのか?
コントロール・・・経営権を持ち続けるのか?

・スタートアップの見直しに対する「過剰な自信」と「楽観主義」
家族や友人を従業員や投資家として事業に参加させることに繋がり、人間関係やスタートアップを危険にさらすことが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月15日

学術的にも実務的にも名著。この本日本でもっと流行っても良いと思う。アントレプレナーを研究対象にしている人にとっても、起業を考えている人たちにとっても必読の1冊だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「起業家はどこで選択を誤るのか」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play