ほぼ日常 腐女子書店員の4コマ
  • 完結

ほぼ日常 腐女子書店員の4コマ

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

某有名チェーン書店に勤務する著者(作中ではパンダの姿)が、非常にパーソナルな「腐」目線で仕事・プライベートを描く、おかしな日常4コマ。ぶっちゃけ三分の二が描きおろしよ!! 本好き、書店好き、「腐」好きの方ならクスリと笑える不思議な一冊です。〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラストを「電子版オマケ」として特別収録!!〉

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
マジキューコミックス
電子版発売日
2014年04月18日
サイズ(目安)
34MB

ほぼ日常 腐女子書店員の4コマ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    え~、ネットで見まして、面白そうなので、ほぼ衝動買い。続きもね。

    で、笑えた。そして身につまされる。

    最近、リアル書店行ってねぇ。本当に行かなくなったなぁ。

    続き、でるのか??

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月15日

    いろんな場所に共感できておもしろかったです。 書店の日常ではなく、オタクの日常でした。 パンダのイラストがとても可愛くて和みました。 イラストととても綺麗です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月03日

    ちょっと高いなーと思って買ったけど、買ってよかった!
    直球ストライク!

    できれば、全部4コマがよかったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月30日

    この本屋さん恵まれとる!自動シュリンクなんざないよ!庶務さんなんかいねえよ!PCで新聞なんか作れねえよPOPは手書きかwordだよ!それ以外はまあ日常。最後の漫画はイマイチでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月29日

    まあ。まあまあ。番子さんほどのインバクトはなかったですけどまあまあ面白かったです。周りの人たちがおたくすぎてウケマスw リアル仲間いっぱいはある意味羨ましいですけど、自分の趣味をそこまでさらす気にはなれないなぁとか関係ないことばっかり考えちゃいましたw 自画像のパンダはかわいいですけどねー。一回読め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月21日

    腐女子の書店員が著者の本
    絵がとてもきれいで読みやすかったです。内容も「そんなww」「まじかよww」とかなかなか笑える内容ばかりです。
    個人的にはメガネイベントの部分が笑いました。そこまでするのか!!ってw
    買って損はないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月07日

    同人誌みたいな感じ。でも、コミケで売ってる薄い本よりは本屋で買えて、安価だ。
    内容は人により選り好み激しいと思う。眠い時でも簡単に読める。

    このレビューは参考になりましたか?

ほぼ日常 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ほぼ日常 腐女子書店員の4コマ
    完結
    某有名チェーン書店に勤務する著者(作中ではパンダの姿)が、非常にパーソナルな「腐」目線で仕事・プライベートを描く、おかしな日常4コマ。ぶっちゃけ三分の二が描きおろしよ!! 本好き、書店好き、「腐」好きの方ならクスリと笑える不思議な一冊です。〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラストを「電子版オマケ」として特別収録!!〉
  • ほぼ日常 激闘編 腐女子書店員の4コマ
    完結
    腐女子目線で「書店員としての日常」を描いた異色作『ほぼ日常』の続編にあたる本作、その名も『ほぼ日常 激闘編』!! な、な、な、なんと、本書の99%が新作描きおろし! もしかすると日常の業務に差し支えがあったかもしれません! 申し訳ありません! なんつって、あいも変わらず、著者の「腐れ」っぷりとドMっぷりは健在! 全国の書店ファンの皆様、ご同業の書店員さん、出版営業関係者様を失笑の渦に巻...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています