にせもの公主の後宮事情 1 君子は豹変するものです?

にせもの公主の後宮事情 1 君子は豹変するものです?

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

国主の寵妃を母にもつ淑蓉は、新米宮女として奮闘中。「なりそこない公主」と揶揄されながらも、兄のように慕う王子・天黎に支えられ、慎ましい生活を送っていた。ところが、そんな彼女のもとに、失敗の許されない縁談が舞い込んだ! 汚名返上とばかりに受け入れる決意をするけれど、天黎が大激怒!「絶対に――許すものか」と態度が激変して…!? 『愛』に変貌はつきものです? 爽やか王子(ときどき野獣)×純情宮女の中華風ラブ!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 一迅社文庫アイリス
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
一迅社文庫アイリス
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2013年06月
サイズ(目安)
16MB

関連タグ:

にせもの公主の後宮事情 1 君子は豹変するものです? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月14日

    天黎の性格が際立ってるけど、あえて自覚してなかったとはいえ淑蓉の執着具合も盲目的というか、充分度を越してるような気が・・・お互いにお互い以外、目に入らなすぎ。正反対だけど、これもいわゆる似た者カップルなのか?

    うーん、しかし、これは解決になっているのかわからない。ハッピーエンドだとは思うけど、結局...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月27日

    あらすじ買いですが、当たりでした。

    国王の寵姫の連れ子として王宮に住まう淑蓉とそんな淑蓉を可愛がる王子の天黎ですが、淑蓉に縁談の話が出てきたことで天黎の態度が一変。っていうか、淑蓉に見せていた顔がニセモノで、本来の天黎はあんな感じなんですね。やさしい兄を演じきっていた天黎も悪いと思いますけど。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    退屈なヒロイン

    apple 2014年11月25日

    卑屈過ぎて読んでいてイライラする。
    謙虚も度を越すと嫌味になる。
    そういうのは謙虚ではない。
    やたら「すみません」と謝り過ぎだし、どうも最後までヒロインが好きになれず、ストーリーに入り込めなかった。
    ヒーローも心配をかけたくないからヒロインには黙ってるという、一昔前の日本男児みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月11日

    母親が寵妃となったおかげで、血も繋がっていないのに
    公主という座に座っている少女。
    何をしても不器用な彼女には、これまた血の繋がらない
    優しい兄が。

    ある日ある時正妃の結婚話に頷いたら
    優しい兄は豹変しました。
    王道な状態です。
    そして母親…最後まで母親でした。
    肝っ玉母ちゃん?
    場所が場所だけに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    可愛い謙虚な義理の公主と第二皇子のお話。独占欲は素敵でした。
    可愛いんですが、もう少し積極的に動く公主ならもっと楽しく読めたかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月06日

    面白かった!主人公の女の子よりも、そのまわりの男子組が楽しかったタイプのお話だ。主従であったり兄弟だったりキャラ同士の関係性もとてもおいしい雰囲気だったのでぜひとも彼らが活躍するお話も読みたいところ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    国主の寵妃を母に持つ淑蓉。けれど淑蓉自身は王族の血を持たず、宮中でも「なりそこない公主」と噂され、自分の居場所を見つけらずにいた。そんな淑蓉が心を許せるのは第2皇子の天黎だけ。天黎は淑蓉に本当の妹に接するかのように優しく慈しんでくれるから・・・。けれどそんなある日、淑蓉のもとに思いがけない縁談が飛び...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

にせもの公主の後宮事情 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • にせもの公主の後宮事情 1 君子は豹変するものです?
    国主の寵妃を母にもつ淑蓉は、新米宮女として奮闘中。「なりそこない公主」と揶揄されながらも、兄のように慕う王子・天黎に支えられ、慎ましい生活を送っていた。ところが、そんな彼女のもとに、失敗の許されない縁談が舞い込んだ! 汚名返上とばかりに受け入れる決意をするけれど、天黎が大激怒!「絶対に――許すものか」と態度が激変して…!? 『愛』に変貌はつきものです? 爽やか王子(ときどき野獣)×純情...
  • にせもの公主の後宮事情 2 再会は絆を試すものです?
    新米宮女の淑蓉は、兄のように慕う王子・天黎と婚約中。婚礼に向けて準備を進めると同時に、祝いに訪れる人々と対面するのに大忙し。それでも天黎と過ごせれば幸せと思っていたのに、そんな彼が隠し事をしている様子!! どうやら贈り物を持参した豪商・陶家が原因だと気づいた淑蓉は、天黎に内緒で陶家を訪ねる。そこで、天黎の秘密を知ってしまい!? 『信頼』するにはすれ違うのも秘策です? 人気急上昇中...
  • にせもの公主の後宮事情 3 淑女は大志を抱くものです?
    第2王子・天黎と結婚し、正式に親王妃となった淑蓉は、苦手な奥様修業に挑戦中! そこにわけあって、弘瑜の幼なじみの少女・名蓮と、太子士傑の妃候補の姫フィエリアを屋敷に迎えることに。恋愛相談にのったり、何者かに狙われる姫を守ったり(!?)と奮闘する淑蓉だけど、最も厄介な相手は夫の天黎! 独占欲を隠さない彼と大ゲンカになり、家出を決行するけれど!? 『幸せ』の定義って何ですか? 糖度増量! 大...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

にせもの公主の後宮事情 に関連する特集・キャンペーン