ホンダ イノベーションの神髄 独創的な製品はこうつくる

ホンダ イノベーションの神髄 独創的な製品はこうつくる

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「イノベーションを成功させるために何をすべきか」を明らかにするのが本書の狙いです。著者は元ホンダの技術者で、周囲に反対されながら16年間にも及ぶ技術開発を続け、日本初のエアバッグの商品化を実現させました。

ホンダには、イノベーションを成功に導くための企業文化と仕掛けがあり、「ワイガヤ」「三現主義」「ホンダフィロソフィー」などがよく知られていますが、それを単純に解説するだけでは「成功のためにすべきこと」を明らかにできません。本書は、ホンダの開発現場を知り尽くした著者が、こうした企業文化や仕掛けの内容だけにとどまらず、実際の技術開発プロジェクトの最前線で、それらがどう作用し、その結果、いかにしてイノベーションを加速させているかを徹底的に追求することで、ホンダのイノベーションの神髄を明らかにしていきます。

あたかもホンダの技術開発に立ち会うような臨場感。自分の意見をはっきりさせないで上司に頼ると「俺が死ねといったなら、おまえは死ぬのか」と叱咤され、落ち込んだ時には「キミには500億円の価値がある」と持ち上げられる。そして、「ああ、2階に上げられて、はしごを外された」とぼう然とたたずむ技術者がいる。まるで挑戦者たちの息遣いが聞こえてくるようです。

本書は、『日経ものづくり』誌で読者から圧倒的な支持を受けた連載を基にしたもの。一部を日本経済新聞電子版に連載し、こちらでも大人気に。待望の書籍化です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日経BP
ページ数
310ページ
電子版発売日
2014年03月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
7MB

ホンダ イノベーションの神髄 独創的な製品はこうつくる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    技術開発プロジェクトの立ち上げでとても参考になる。30年前と今でホンダもすっかり変わってしまったと言う人がいるのもよく分かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    筆者の熱量が伝わってくると著書だった
    イノベーションとオベレーションを明確に分ける
    イノベーションは全体の5%で良い
    最後は情熱思い

    著者の思い込みが激しいと感じる部分もあった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    ホンダで16年間に及ぶ研究開発の成果として、1987年に日本初のエアバッグの量産に成功した、小林三郎氏が、ホンダでイノベーションをどのようにして生んできたかを著している。
    久しぶりに相当面白かった。三日三晩の合宿で徹底議論するという「ワイガヤ」などのエピソードはやっぱりホンダは違うなあ、と思う半面、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月19日

    武沢氏の本を読んでホンダに興味でたので購入。アツい!!イノベーションしたくなる(?)こと請け負いのすばらしい一冊でした。イノベーションを生み出す組織となるための仕掛けは多々あれど、最後は「考え抜く」「熱意」「根性」みたいな、人間力勝負的な結論になっているところがとても好きでした。二度読みしたい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月23日

    「本田宗一郎」の「哲学」の実践編、といった本。著者の経験を追体験しながら、どう考えていけばより意義のある仕事ができるか、ひいては面白い人生を送れるかといったことにつながるヒントをもらえる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月28日

    熱い社員、フラット組織に哲学という企業土壌、ワイガヤやA00といった仕掛けがある黎明期のホンダでさえ、イノベーションを創り出すためには周囲の反対を押し切ってプロジェクトを進めるための「想い」が必要と言っている。普通の企業であれば尚更だ。
    今の日本には、熱い想いを持った担当者と、人間味に溢れ包容力のあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月06日

    ・イノベーションとオペレーションを分けて考える。オペレーションは論理的に正解を追及できる業務であり、イノベーションは技術を未来のフェーズから未踏の領域へ飛躍させて、絶対価値(本質的な価値)を実現すること。
    ・オペレーション⇒業務中比率95%、期間1~4年、成功率95~98%、手法:論理、分析
    イノベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月09日

    社内の技術開発プロジェクトをまかされたばかりの人などにおすすめの本。
    私自身、ちょうど今年、新規技術開発をいくつか企画・実行することになり、でも社内の政治や遊休化した人材に悩まされ、ひとりよがりになっているのではないかと思っていたところに、友人から同志からすすめられて読んでみた。結果、てきめん。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月06日

    ワイガヤやイノベーションを生み出す土壌であるホンダ文化の根底にあるものを知ると共に、そもそも何のために働くのか、その本質を考えさせられる良書。良い本を、良い時期に読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月15日

    本田技術研究所にて16年間におよぶ研究開発の末、エアバックの量産、市販に成功した小林三郎氏の日経ものづくりのホンダイノベーション魂のまとめ。いわゆるイノベーション本とは異なる実地に即した内容、大和言葉で書かれた内容で分かり易い。理念・哲学なき行動(技術)は凶器であり、行動(技術)なき理念は無価値であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング