3.11以降のJリーグを問う

サッカー界の重要テーマを多士済々の論客に論じていただく 『フットボールサミット』第3回目の議題は「3・11以降のJリーグを問う」です。

未曾有の大災害が東日本に甚大な被害をもたらし、
原発事故が周辺地域はもちろん、日本の経済にも大きな打撃を与えています。

今回リポートさせていただいたベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホックといった
直接被災したクラブへの影響も心配されますが、Jクラブのスポンサー企業や親会社の業績悪化も懸念されます。
厳しい経営を続けるクラブは少なくなく、はたしてJリーグはこの荒波を乗り越えていけるのでしょうか。
Jリーグの理念、クラブの存在意義がより一層問われることになるのは自明です。

かつてない逆境に身を置いたいまこそ、みなで問題を共有し、生き残る術を模索していかなければなりません。
これからJクラブには何が求められるのか。
現在あるいは近い将来直面する問題やテーマに焦点を当て、その解決策を考察していきます。

『フットボールサミット』議長 森哲也


フットボールサミット第3回
開催要項 3.11以降のJリーグを問う

ミカミカンタ
ベガルタ仙台の再出発
ある被災地支援活動の証言と記録

井上俊樹
4・23 Jリーグ再開決定までの舞台裏
リーグ関係者、44日間のドキュメント

田中滋
鹿島アントラーズ常勝のDNA
2人のキーマンが語る強化・マネジメントの哲学
Interview 鈴木満強化部長が語る常勝チームのマネジメント
Interview 鈴木秀樹事業部長が見据える30年後のクラブ

佐藤拓也
水戸ホーリーホックは希望の星になれるか?
逆境に挑むJリーグ最小予算クラブ

沢田啓明
震災とブラジル人選手の退団
今後もJクラブの「ブラジル人頼み」は可能か?
Interview マルキーニョスが語る仙台退団の真相
Interview 代理人ジルマールが語るブラジル人選手の移籍動向

清義明
支援活動から思索する未知のサポーター像
NPOハマトラとFootball saves Japanの被災地支援を通して

木村元彦
清水エスパルスに見るクラブ再建のモデルケース
早川巖会長に聞く名門クラブの軌跡と未来

川本梅花 [対談]澤井和彦×谷塚哲
3・11以降のJリーグのビジネスモデル
これからクラブはどうあるべきか?

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

フットボールサミット第3回 3.11以降のJリーグを問う

Posted by ブクログ 2011年12月28日

「3・11後のJリーグを問う」と銘打たれておりまして。あの震災がJリーグのあり方そのものまでもを変えてしまったんだという事実にただただ驚くばかりでございました。

まず最初にお断りします。僕はあんまりサッカーは詳しくありません。ですが、こういう自分だからこそ、この本を読んで何か違った視点から書ける...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールサミット第3回 3.11以降のJリーグを問う

Posted by ブクログ 2011年09月06日

[フットボールサミット第3回 3.11以降のJリーグを問う] 住む場所も仕事も、応援するチームだって違う者たちの共通点、それは“サッカーが好き”ということ。スポーツに興味のない人にも一度読んでもらいたい。震災によって様々な思いが溢れたあの日からを綴った一冊。

このレビューは参考になりましたか?