新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!
アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。
都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。
自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。
友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から笑顔がなくなっていく。
拾われた猫たちを軸に描かれる、四つの連作短編。

「彼女はいつでも誰よりも優しくて、誰よりもきれいで、誰よりも懸命に生きている」(本文より)

《目次》
第1話 ことばの海
第2話 はじまりの花
第3話 まどろみと空
第4話 せかいの体温

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2018年02月10日

【あらすじ】
新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!
アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。
都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。
自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。
友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2016年06月28日

友達の貸してくれる本、
ぜんぶ素敵すぎて、、!!(笑)
拾われた猫たちを軸に描かれてる
のですが、とっても良いです。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月30日

ネコ視点とヒト視点が交差して素敵な物語になっている。
さすが、「秒速5センチメートル」の新海さん!

彼女の猫で、彼女は恋人というチョビほどヒトに入れ込んで
いなくても、犬のジョンも含め、みんな、ヒトを思ってくれている。
犬のジョンが、すごくかっこいい!
あの町は、ジョンがいて秩序が保たれているのだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2013年10月13日

新海誠の作品は今年公開の「言の葉の庭」で知りました。短い映画作品の小説化ですが、優しさと、温かさと、切ない思いが映像と同じように伝わってきます。自身も猫好きのなもので、登場猫物のキャラクターがリアルです。小説版言の葉の庭も雑誌で掲載されていますので、単行本化に期待します。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月13日

新海誠監督、幻のデビュー作のノベライズ本。

人と猫。
それぞれの視点から彼らの生き方が描かれる、そんな物語。

4つの短編となります。

人と人と。
猫と猫と。
人と猫と。

距離、存在、繋がりを感じる作品でした。

猫飼いたい。

むしろ猫になってみたい。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2016年09月18日

映像は観ていないけれど、新海さん原作というので購入。
新海さんぽい雰囲気がでていてやさしい。彼女視点と猫視点で描かれていて、二つが交わることはないのだけど、寄り添う距離感がいい。
三人の『彼女』が短編連作で、繋がってるのもいい。
そしてラストもいい。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2015年08月19日

猫と人、時々犬。それぞれの視点で語られる一方通行の言葉と少しずつ重なり合う人々の生活がどれも暖かくじんわりとしたお話でした。
読んでみると短いお話でしたが、とてもいい時間を過ごせたと思います。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2014年04月07日

とても共感して、元気づけられました。

母になるからって、弱い自分が覆るわけじゃない。
二十歳になったからって、強くなったわけじゃない。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2013年08月19日

"彼女"と"彼女の猫"に関する四編。もっと彼女と猫が密接に関わっているのかと思ったが、それぞれに世界があって二人の関係とはその中の一部。すごく近くにいるのだけどベタベタしない感じが良かった。

このレビューは参考になりましたか?

彼女と彼女の猫

Posted by ブクログ 2013年06月23日

猫と人間が独白調で交互に話を進めていく。
人間それぞれが悩み、猫はそれを見ながらさまざまなことを考え行動していく。

猫が飼いたいとなんとなく思いました。

このレビューは参考になりましたか?