Jリーグやなでしこリーグ、日本代表として活躍するサッカー選手はピッチ上で何を思考し、
その視界に何を捉え、どのような個人戦術を駆使しようとしているのか。

ピッチ全体を見渡せるスタンドでは、ほぼすべてが見てとれるといっていい。
ただし、平面のフィールドのなかに入っているプレーヤーは違う。グラウンドに足を踏み入れれば、景色は一変する。

彼らはどのような哲学やサッカー観をもとにサッカーしているのか。一流フットボーラーたちの話をもとに、
それぞれの個人の戦術論について著者・西部謙司が探究する。


【もくじ】

第1章:佐藤寿人&西川周作(サンフレッチェ広島)進化し続ける広島スタイルの秘密流
第2章:遠藤保仁(ガンバ大阪)天才のプレービジョン
第3章:宮間あや(岡山湯郷Belle)なでしこプレーメーカーの知性と感性
第4章:高橋秀人(FC東京)サッカーを探究するプロフェッサー
第5章:中村憲剛(川崎フロンターレ)見えている世界が変わる瞬間
第6章:柏木陽介(浦和レッズ)感覚派レフティの視界
第7章:レアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル)Jリーグの作法
第8章:遠藤康(鹿島アントラーズ)アタッカーの狙い
第9章:栗原勇蔵(横浜F・マリノス)センターバックの練度
第10章:山口智(ジェフ千葉)センターバックのゲームメイク術
第11章:駒野友一(ジュビロ磐田)サイドバックの思考回路
第12章:米本拓司(FC東京)狩人のボールハント
特別寄稿:本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論

Posted by ブクログ 2013年08月27日

日本の戦術論についての第一人者である西部氏が、Jリーグで活躍するJリーガー12人+α(本田と香川の解説) のインタビュー記事をまとめた本。元は、雑誌「フットボールサミット」の西部氏の連載から加筆・訂正したものである・

感想としては、Jリーガとはいっても、理屈先行(言い換えれば言語化しやすい人)もい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?