深波たちによって捕らわれた禮河を助けるために、橙華を訪れた緋奈たち一行。しかし、そこには今や敵となった深波と雷音の姿があった。情報収集のため、宴の席に踊り子に扮して潜入することになった緋奈だったが…!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

瑠璃の風に花は流れる 紺青の軍神

Posted by ブクログ 2018年10月12日

槐斗の初恋の人が登場してドキドキ読み進めた最後になんと、芦琉に異変が・・・
読んだそばから次の巻が読みたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 紺青の軍神

Posted by ブクログ 2014年05月23日

突然の槐斗の過去。もっと突っ込んだらよかったのにね。広がりが無くて残念。
そして緋奈が相変わらずなだけでなく周りも認める意味がわからない。そりゃバレるよね。
最後はいろいろ急展開!つづく。

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 紺青の軍神

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月08日

最初表紙を見たとき、緋奈の顔が全然違うと思ったのは私だけではないはず。
なんで?って思ったら、踊り子さんになってました。

この巻、緋奈のむちゃくちゃぶりにイライラします。子供じゃないんだから、ダメと言われたら聞きましょうよ。踊り子になるっていうこともだし、戦場に無理矢理出て来たり、水稀が出て来たら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?