ヒジュラ インド第三の性

ヒジュラ インド第三の性

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

女でもなく男でもない、聖にして俗、神に仕え、石つぶてを浴び、春をひさぐ者──ヒジュラ。カメラを片手に彼らの生きざまを追いつづけて17年。多数の瞠目の写真と平明な文章のなかに、混沌の大地インドに住まう第三の性が実像を結ぶ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / カメラ・ビデオ
出版社
青弓社
掲載誌・レーベル
写真叢書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
1995年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

ヒジュラ インド第三の性 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『ヒジュラ』とはウルドゥー語で 、両性具有者を意味する。 (といっても今は去勢して『ヒジュラ』になるものがほとんどだが。) 男でもない、女でもない。シャーマンではあるが、時には呪いをかけたり、売春もする。 ますますインドに興味が湧いてきた一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

石川武志 のこれもおすすめ