自然状態では万人が万人と闘って死滅するのを恐れた人間が契約によって創りだした国家を巨大な怪物リヴァイアサンにたとえ、その根拠を探求した政治学の古典中の古典。二十五章までを収める。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公クラシックス
ページ数
363ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • リヴァイアサンI
    通常版 1巻 1,944円(税込)
    自然状態では万人が万人と闘って死滅するのを恐れた人間が契約によって創りだした国家を巨大な怪物リヴァイアサンにたとえ、その根拠を探求した政治学の古典中の古典。二十五章までを収める。
  • リヴァイアサンII
    通常版 2巻 1,944円(税込)
    真の信仰は何を意味するのか。ローマ法王庁の支配を否定し、宗教から独立する王権の絶対権力確立を説く。近代思想に大きな影響を及ぼした大著の二十六章以降を収め、年譜、索引を付す。

リヴァイアサンI

Posted by ブクログ 2014年12月07日

本書は、コモンウェルスにかんする論述である。ホッブズはコモンウェルスを巨大な人工人間ととらえ、これを論ずるにあたり以下四点について考察する。①その「素材」と「製作者」がともに「人間」であること。②「いかにして」またどのような「契約」によって人工人間はつくられるのか。③「キリスト教的コモンウェルス」と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リヴァイアサンI

Posted by ブクログ 2011年06月03日

「名前は知ってるけど読んだことないよね」シリーズ。
存外に良かった。第一章 人間についての後半部。
もう一冊ある。

このレビューは参考になりましたか?