部長、その恋愛はセクハラです!

部長、その恋愛はセクハラです!

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

現実に生じるセクハラは、お役所や会社、大学が発行している防止パンフレットや各種マニュアルの事例とはだいぶ違うものである。結局、この問題の難しさは、ほとんどのセクハラが、グレーゾーンで生み出される点にこそあるのだ。なぜ女性ははっきりとノーと言わないのか、男性はなぜ気づかないのか。恋愛がらみの二つのパターン、妄想系とリアル系の違いとは。そして、訴えられたらどうすればいいのか―。セクハラ問題の第一人者が、豊富な具体例を紹介しつつ、男が嵌りやすい勘違いの構図をあぶりだす。誰でも知っておいて損はありません!【目次】はじめに セクハラとは?/第一章 間違いだらけのセクハラ「常識」/第二章 セクハラの大半はグレーゾーン/第三章 恋愛がセクハラになるとき――ときめきスイッチが入ったときはもう橋をわたっている/第四章 女性はなぜはっきりとノーを言わないのか、男性はなぜ女性のノーに気付かないのか/第五章 恋愛とセクハラの近くて遠い距離/第六章 オフィスにセクハラの種はつきまじ/第七章 周囲の方々、担当者へ/第八章 後で訴えられないために――訴えられたらどうするか/私のセクハラ二次被害体験記――あとがきにかえて

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年12月27日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

部長、その恋愛はセクハラです! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月04日

    どうしてセクハラ案件は加害者側からしばしば「恋愛」と規定されがちなのか。1992年の福岡セクハラ訴訟などの判例の積み重ねから現在に至るまでのさまざまなスタディケースをもとに、セクハラトラブルの複雑な様相を紹介してくれる。どんなに極小でも男性労働者はしばしば女性より何らかの意味で職場内の「権力」をもっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    部長、その恋愛はセクハラです!。牟田和恵先生の著書。セクハラには2種類あると思います。意図的なセクハラと無意識なセクハラ。日本社会で意図的なセクハラはさすがに減っているとは思うけれど、時代錯誤な中高年男性の女性蔑視からくる無意識なセクハラは今だに多いと思います。無意識なセクハラをしているかもという自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月07日

    時代劇の悪代官のような分かりやすいセクハラはむしろ、例外で
    広大なグレーゾーンが広がっている。
    男女の視点の違いを極めて分かりやすく説明している。
    男性は必読。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月04日

    めちゃくちゃおもしろかった。
    身に覚えがありすぎた。
    男性は女性の無言の微笑をnoではなく、yesと受け取ってしまうのだな。
    そして、女性はnoということばを持たないというのも、ほんとだなと思った。

    以下、自分語りで恐縮ですが、どんどん記憶が蘇った。
    オフィスから呼び出されて仕事の話をしてたのに、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月25日

    セクハラに対する男女の捉え方がとてもよくわかった良書。
    性差はもちろん、社会のあり方がセクハラを起こしている側面もあるのだろうが、それを免罪符にせず自分の感情をコントロールする必要があるのだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    セクハラに至るまでの男女の行き違いの構図がよく分かる。
    赤川次郎の小説に、こういうセクハラ男や男尊女卑思考の人よく出てくるなー、と思いながら読んでた。

    周りでセクハラや性加害をを見かけたら、なるべく助けるようにしようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    財務省事務次官を辞任に追い込んだセクハラ。そんなことにならないためにも、特に働く男性は本書を読んでおいた方が良いと思いました。職場のハラスメント研修なんか受けるよりよっぽど勉強になりました。本書ではまだまだ多い事例である、男性が女性に訴えられるセクハラに限定して、豊富な具体例が紹介されています。ハラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月22日

    身近なセクハラについて、男女の溝に橋を渡そうという本。
    強く断れない女性と、自分の権力にも相手の気持ちにも鈍感な男性。
    双方の理屈が書かれているから、伝わらない理由がどちらの立場でも学べる。

    この本で扱われるのは主に「ある程度の立場にある家族持ちの中高年男性から弱い立場の若い女性へ」のパターン。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    セクハラを本気で恋愛だと思い込んでいる男性が多い、と日々感じていたので、本書の説明に納得!

    やはり思うのは「日常の恋愛が、暴力に似ている」ということ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月24日

    老若男女問わず、役職問わず、既婚未婚問わず、全ての人が読むべき本である!といっても過言ではないよ。上野先生の帯のとおり、一家に一冊だね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています