虹色村のチロリ
  • 完結

虹色村のチロリ

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

虹色村でマッシュルーム農家を営むチロリは困っているものを見ると放っておけない優しい性格。今日も他人のために奔走するチロリに、幼馴染みのアキラは憎まれ口を叩きながらも陰でそっと見守っていた。しかし虹色村は大規模開発の危機にさらされていた。自然と共に慎ましく生きるチロリと開発計画に携わるアキラ。ふたりの想いと虹色村の行く末は……!?

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
ルチル
電子版発売日
2013年12月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
72MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2015年03月13日

    虹色村は地球から遠い星にある開拓地。優しいチロリと、彼に心を寄せる幼なじみ・アキラの話。
    星の古い住人や不思議な生物たちが出てくる、宝石箱みたいなファンタジー。子供の頃のようにわくわくしました。

    あらすじとレビューをもとにイメージしていた、牧歌的でほのぼのした話ではなく、もっととてもドラマチックな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    ARUKU作品が私の中で他のBL作家さんとは一線を引いている部分が あるのは、この世界でたった一人と思っている人間を正面から描いているのに自虐的でなく、淡々と見えるところだ。こう言う孤独な人間がこの世にいるのだ、と声高に叫ぶことは決してない。だけど、孤独な人間はいて、そんな人間が居るのを知らない人も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月21日

    この作者のお話、好き。なんか琴線に触れる。
    BL的にはアキラとくっつくまで見届けたかったけど、最後の話読んだらこのままでもいっかーな気持ちにさせられた。この作家さんにそういう意見は無粋。優しくて少し異色で歪な世界を楽しむべき物語。ページをめくる手が止まりませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月05日

    この世界観が大好きです。ファンタジックで郷愁を誘う背景。今ではないここではない、いつかのどこか。
    すべてに惹かれてしまいます。

    変わった名前のチロリ。清く貧しく美しく生きる姿に胸キュン。
    へんな生き物たちもだんだんかわいく見えてくるから不思議。
    自然と共存して日々過ごすチロリたちの村にリゾート開発...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月14日

    不思議なお話でした。ARUKUさんの書かれるこの独特の世界観に引き込まれる!どこかの田舎で起こる出来事なのかと思ったら、SFっぽいし地球外生命体や妖怪みたいな生き物が出てきたり、とにかく不思議!ARUKUさんの作品読み終わったあとはなんかせつない気持ちにもなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月03日

    初めて読んだARUKUさん作品。
    絵が独特で手を出しかねていたけど、話もとても独特だった(笑)

    人間が地球外の惑星にも移住をしている時代、地球化される以前の生態系と土着生物が人間と共存する珍しい虹色村。
    これスッゴい素敵な設定でした!
    宮崎は○おワールドっぽいファンタジーが織り交ぜられてて、生死・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月08日

    アルクさんのお話の中では、一番可愛いお話だと思ってます。
    一応、SFですが、のどかな雰囲気です。
    のどかなのですが、何処か物悲しい。
    「雨ニモマケズ」な心優しいチロリとチロリが好きでたまらない幼馴染みのアキラのお話。
     想いは全くもって成就しないし、BL要素はないですが(あ、いや話の核になる開発計画...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

虹色村のチロリ ページトップヘ