春日部の孤児シェルターを脱走したカズは、国道を歩き続けた。逃げ出す際、教官をナイフで刺した感触は今も手に残っていた。カズは九歳。生後まもなくトイレに捨てられたため両親のことは何も知らない。帰る家も故郷もない。カズが目指すのは、貧困と暴力とセックスにまみれた混沌の街・新宿だ。だが、そこでは腐敗した警察や自警団、新宿浄化団がのさばり、街路に溢れたストリート・チルドレンが毎日のように無造作に殺されていた。果たしてカズは生き延びることができるのか。世界の現実を見据える衝撃の近未来小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ニッポンの狩猟期

Posted by ブクログ 2017年02月28日

2017.02.27
主人公が曖昧で、ストーリーに印象がない。
けど世界観は充分!!
優しい人が生きやすい世界はどこにもない。
♪marco carola time warp

このレビューは参考になりましたか?

ニッポンの狩猟期

Posted by ブクログ 2011年06月05日

「ストリート・チルドレン」のその後の物語。なんか、フィリピンとかタイの現実を新宿で描いた感じ…子供たちの悲惨な描写が多いがそれはあまり気にならない。むしろ、生き続けようとする姿は逞しい。リーとカズが少しでも幸せになって欲しいと思う。

このレビューは参考になりましたか?