ミクロ経済学II<プログレッシブ経済学シリーズ>―効率化と格差是正

ミクロ経済学II<プログレッシブ経済学シリーズ>―効率化と格差是正

作者名 :
通常価格 3,283円 (税込)
獲得ポイント

16pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、経済学を初めて学ぶ人が、さまざまな経済政策問題への対応策を自分自身で考えられるようになることを目的としたミクロ経済学の入門テキストです。
上巻(I)では,市場と政府の役割分担を明らかにしたうえで、市場の失敗と政府の失敗への対策を論じました。
本巻(II)では、労働・土地・資本市場をくわしく分析し、それを土台に、格差是正政策と効率化政策との関連を明確にします。さらに、その視点から現在日本の経済政策を評価します。

○本書で扱う課題
【格差是正】 家計が得る所得(賃金,地代,家賃など)が市場でどのように決まるかを分析し,所得格差の原因を探り,格差是正策を論じます。
【効率化】 まず,労働・土地・資本市場の余剰分析を行います。つぎに,社会的機会費用の概念を用いて,独占や外部不経済などの非効率を示します。さらに厚生経済学の基本定理を証明します。
【格差是正と効率化の両立】 格差是正政策が効率化政策と両立可能であることを示し,そのうえで,日本では効率化政策も格差是正政策も実行する余地がきわめて大きいことを示します。けでなく、経済学を独習したいと考えている社会人にも、大学で経済学を専攻するかどうか判断しようとしている高校生にも、役立つでしょう。
<I巻-市場の失敗と政府の失敗への対策>に続く
12章 フローとストック
13章 労働
14章 生産要素の総量市場と帰属所得
15章 供給者による自家消費
16章 混雑
17章 長期と最長期
18章 生産と消費の基礎理論
19章 厚生経済学の基本定理
20章 社会的厚生
21章 効率化政策
22章 格差是正政策
終 章 効率化政策と格差是正政策の両立

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
624ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB

「ミクロ経済学II<プログレッシ...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年03月31日

必要あって再読したが、途中からは熱中してしまうほど著者の論理的鋭さには頭が下がるばかりである。第2巻ということもあって、基礎より応用中心であり、所得の再分配などについて論じられていた。多少イシューセレクションと論理の展開には既視感があったり著者の色が出ていたりした。しかしながら、最近の時事の反映すべ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月03日

日本のジャーナリストや一部専門家が本書に書いてあるような政策を
「市場原理主義」と批判するのは完全なる誤りであり
むしろ現代の経済学は効率化政策と平等化政策は
両立しうる政策であることを明確に教えてくれる。

現政権が掲げる政策のほとんどが本書に書いてるような政策を
実現できていない。
これは日本人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月17日

 ミクロ経済学の入門書。経済学者にも評価が高い(「経済セミナー」2010年12月号他)。
 加減乗除以外の数式を用いず、厳密な証明はされていないが、グラフで説明されており、理解しやすい。
 また、日本の現実の経済政策問題を数多く分析しており、学生だけでなく、もしろ社会人に興味が持てるものとなっている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月03日

この本は通読することはないだろうが、ぜひ欲しい一冊ではあった。
「本書で説明する市場価格を活用した政策分析は、近視眼的な世論―すなわちジャーナリズムーに惑わされたいために不可欠です。残念なことに、このような政策分析の考え方は、日本の知識人、特にジャーナリズムに最も欠けている教養です。日本において、今...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月04日

基本的には上巻と同じで、数学を使わずに、ミクロ経済の概念を説明していル。特に政策の応用にどのように活かしていくかを解説。上巻よりも難易度はあがっているかも。上巻の内容を理解してから読み進める方が良いと思われる。かなり拾い読みになってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!