リンガフランカ
  • 完結

リンガフランカ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

笑か、死か。ボクたちにはもう、『笑い』しか残されていなかった――。 代々続く落語家の家系で長男に生まれながらも、売れないお笑い芸人をやっていた笑太(しょうた)。ある日突然、父が自殺してしまう。ショックと自己否定の意識に苛(さいな)まれ、逃げ出した先のファミレスで出会った男・岸部にいきなり連れて行かれた所はお笑いバトルの会場だった……。若手お笑い芸人“笑太と岸部”の出会いからコンビ結成までを描いた青春新喜劇!! 「オレと一緒に、飛ぼう」

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
76MB

リンガフランカ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年01月19日

    それぞれに業を抱えた芸人二人が出会い、コンビを結成し、お互いをもう半分だと認めるまで。才能と葛藤というテーマがすごく好きなので、ツボど真ん中だった。岸部の「俺を助けろ」がすべてを象徴していて、好きなシーンです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    オビの「笑か、死か。」って名キャッチコピーですね。とっとけばよかった。
    この人の作品は独特で、明と暗がきっぱり分かれてるんじゃなくて混合されてる。というより、ほとんど同じものとして描かれてる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あっ……そうか どうでも良かったんだコンビ名は
    岸辺は確認してたんだ ずっと オレが
    本当に『もう半分』なのかを

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月08日

    大筋は良い。構成も1巻で上手く起承転結描けててすっきり。でも1シーン1シーンが薄い。作中で主人公の笑太を”お寒いお方”と呼ぶシーンがあるが、この作者がそれに当たる。面白いことを言って観客がドッと沸く、そのシーンを描くために使った笑いが少々寒く、数人笑っている客がいる程度のもの。あとがきに笑いが好きで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月19日

    鹿島麻耶氏が旧ペンネームで発表していたコメディ漫画。
    タイトルは Lingua franca=「共通語」の意で、
    漫才の大会で勝ち上がっていく即席・無名のコンビに付いた名前。
    ぶっきらぼうな天才肌と、
    人柄はいいけれど優柔不断な常識型が組み合わさって凄いパワーを発揮する。
    他者とのコミュニケーション...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    愉快で面白い、「人の感情をどうくすぐのか」をたっぷりと研究した笑いが、ぎっしりと詰っていると思います。
    キャラクターの話のテンポや、お笑いへのこだわりや念から、作者の相当お笑いが好きという気持ちが伝わってきます。
    べしゃりにはない軽やかさで読めるお笑い漫画です。笑いたい人、ぜひ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    地味に大好き。お笑い漫画というだけでも美味しいのですが、もうひとつのテーマが痛くて痛くて。
    人によって受け取り方が違う一冊だと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    漫才を漫画でここまで面白く出来るのかと驚いた。オビの「笑か、死か。」にはやられたなー。笑の深さ、黒さを考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています