東雲侑子は全ての小説をあいしつづける 電子DX版

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける 電子DX版

作者名 :
通常価格 626円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

3年生になり、卒業後の進路の事を考えなくてはならない英太。東雲はやはり進学するという。特別優れているわけでも劣っているわけでもない自分も、ひとまずそう考えるべきなのだろうと思いながら、自分のやりたい事が分からずに迷う。小説家という夢を既に実現してしまっている東雲と自分を比べて、漠然とした焦燥に駆られる英太だが、東雲と過ごしてきた時間が、彼の望む未来をほのかに照らし始める……。もどかしく苦いラブストーリー、決心の先へ。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2012年06月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月04日

作家である侑子のそばに対等な立場で居続けるために将来について真剣に悩む英太の姿が良い。それが英太の重荷にならないかと思うけれど、一度侑子と離れる決断を下したのなら英太自身が下した決断も達成できるだろうと信じたい。シリーズを通じて、一人の女の子として変わっていく侑子と無気力状態だったところから一人の女...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月20日

「この恋と、その未来」より作者を知り、読んでみた。

あまあまでべたべたの青春恋愛。以前では素直に楽しめなかったかもしれない。今だからこそ味わえたのだと思う。

「出会ってくれて、ありがとう」の一文が泣ける。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月12日

3年生と言えば、進路。
一体、自分は何を選択すべきなのか。

別れたくないし、けれどそれだけの理由で
進路を決めるのは嫌だけれど…という葛藤。
そんな自分の周囲で起こる、恋愛沙汰。

1年の時、面倒という理由で図書委員を選んだのに
進路は考える。
しかも何だか、それには彼女が絡むような?
ある意味、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月15日

クーデレ同士のカップルだった三並と東雲が、見事にデレデレカップルになっていて、既刊の初々しさを思い返すとどうしてもニヤニヤしてしまいます。もちろん今回も初々しさ爆発してますが。
冷静にみれば、はじめからリアリティーのない登場人物とシチュエーションですが、それでも、こんな恋いいな、と思わせるお話でした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月02日

3年生編にして完結編。
すっかりリア充になってる英太+東雲さんですが、
ええいもう勝手にしろではなく、だからこその完結編です。
作家という社会的地位を持っている彼女に対して、
ほんとうに何となくでスタートしていた英太がやっと
ゴールを見つけるという。
その決意を語るシーンは、泣けました。
1巻の彼が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play