ビザンツ皇妃列伝 : 憧れの都に咲いた花

ビザンツ皇妃列伝 : 憧れの都に咲いた花

作者名 :
通常価格 1,026円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ビザンツ帝国千年の歴史を、政治の転換点に皇帝の妃となった、庶民から王女まで8人の女性たちの人生を通して読む一冊。政治や宗教の変動の中に、人間の哀歓が浮かび上がる。

ジャンル
出版社
白水社
掲載誌・レーベル
白水Uブックス
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB

「ビザンツ皇妃列伝 : 憧れの都に...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年01月19日

ビザンツ帝国の皇妃の中から8人をピックアップし、史料に基づく形で彼女らの人生を描く一冊。
各時代を象徴する皇妃たちの生涯を追うことによって、1000年にわたるビザンツ帝国の歴史をも描きだしている。
取り上げた皇妃の中には、多くの記録が残されていない人物も多いのだが、残されたわずかな史料に誠実にあたり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月07日

[ 内容 ]
黄金の満ち溢れるきらびやかな文化、帝位をめぐる血なまぐさい陰謀…。
古代ローマ帝国の東西分裂の後、5世紀から15世紀半ばまで、ビザンツ帝国一千年の興亡を、庶民から他国の王女まで8人の皇妃の伝記として描き出す。

[ 目次 ]
妃たちの生きた世界―ビザンツ帝国へのいざない
1 アテナイス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月29日

著者は歴史学者。
わかってる。わかってるけどね、史料批判だけで皇妃の素顔を暴くってのはやっぱ厳しい。でも本人も「この本はただの歴史考証本ではない」って言ってて、限界を承知の上でやってるからそれは許せる。どのページか忘れたけど、急に整合性のない記述が出てきたところがあった。そこだけ残念。

批判はある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!