オリンピック雑学150連発

オリンピック雑学150連発

作者名 :
通常価格 586円 (533円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

4年に1度のスポーツの祭典・オリンピック。実は……〈聖火の生みの親はヒトラーだった?〉〈55年かけてマラソンを「完走」した日本人ランナー〉〈『シャーロック・ホームズ』の作者、コナン・ドイルは審判を務めていた〉〈アジア初のメダリストはインド人〉〈太古、選手もコーチも全裸だった〉……など、紀元前8世紀にその源流を発するオリンピックは、ロマンと謎に満ちあふれた意外な逸話に彩られていた! 近年の印象深いエピソードも満載し、観戦の予習・復習に必携の一冊。五輪取材経験豊かな著者ならではの、オリンピックトリビア決定版!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2012年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

オリンピック雑学150連発 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年05月30日

    雑学150連発、とはいうても最近の新書みたいなコンビニ本的なつくりではなく、長い五輪の歴史を通して俯瞰できる視座となっていまして、過去と現代とをつなぐダイナミックさを感じられる作りになっていると思います。復讐したいところだけすぐに引き出せるんで、手元に置いときたいてのもあります。安いし。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています