英語が面白くなる 東大のディープな英語

英語が面白くなる 東大のディープな英語

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

東大の英語は出題形式が幅広く、基礎知識をもとに「読む・書く・聞く」全てに使える力が求められる。そんな出題に込められた東大の「哲学」を明らかにするとともに、東大英語の奥深さを再認識する一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 英語・英会話
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
中経出版
シリーズ
ディープシリーズ
電子版発売日
2013年11月08日
サイズ(目安)
14MB

関連タグ:

英語が面白くなる 東大のディープな英語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    代々木ゼミナールの英語科講師の著者が、東大の英語入試問題を通して、いかに東大の英語入試問題が英語の問題として良問であるかということを示しつつ、英語の読み方や英語の発想・仕組みのポイント等を解説。
    確かに東大の入試問題だからといって、難解な単語や文法を出題しているのではなく、日本人が中途半端に理解しが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    ●読んで得たもの
     東大英語が何を求めているか
     こういった英語の勉強もあるんだということ

    ●感想
     東大英語は、誰もが知って当然でいて忘れがちなことが身についているかを求めているとの由、本書を読むと納得できる。
     英語の下地がないと読んでも難しいかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月03日

     東大英語が単に知識の多寡や勝手な想像力を試すものではなく、ちゃんと初歩的な英文法の知識に基づき、文意を考えるという読解の基本的な作業をちゃんとやれば解けるものであることを示したもの。
     おれが英語の教師だから厳しく見てしまうせいなのか、東大の問題自体を解くことは面白いけれど、解説はとても平凡だし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています