日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー

日本一のプロ秘書はなぜ「この気遣い」を大事にするのか? ―プロフェッショナルセクレタリー

作者名 :
通常価格 1,080円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

全ビジネスパーソン必読!
上場企業役員秘書歴20年、日本一のプロ秘書の「仕事のオキテ」62!


「言われる前に動く」「細かく言わなくても伝わる」
「どんなタイプの上司にも合わせられる」……、
秘書に求められる“気遣い”は、秘書だけのものにあらず。
ビジネスパーソンが身につければ、鬼に金棒の仕事術に!

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者をはじめ3代の社長に仕え、トップの側で上場を経験。
中小企業と上場企業、両方の秘書実務を知り尽くし、
日本秘書協会選出の「ベストセクレタリー」(=日本一の秘書)を受賞した
著者が伝える目からウロコの仕事術。
「日本一のプロ秘書 チェックリスト」付き。


【目次より抜粋】
■chapter1:お客様対応のオキテ
・プロ秘書は電話番号の「下四桁」を覚えている
・プロ秘書は「自分以外の人はお客様」と思う
・プロ秘書は「声色」を使い分ける

■chapter2:上司に仕えるオキテ
・プロ秘書は「ゴミ箱」で上司の優先順位を知る
・プロ秘書は「ネガティブなサイン」を見つけることができる
・プロ秘書は「必ずやりとげる方法」を見出す

■chapter3:守秘義務と危機対応のオキテ
・プロ秘書は「お客様のクレーム」にこう答える
・プロ秘書は「つけこまれるスキ」をつくらない
・プロ秘書は上司が出張先で倒れても動じない

■chapter4:華麗なる仕事のオキテ
・プロ秘書は「6W3H」で仕事を効率化する
・プロ秘書は「アポを入れてはいけない」間合いを知っている
・プロ秘書は「ゴルフ会」のお礼状をこう書く

■chapter5:評価が上がる会話のオキテ
・プロ秘書は「断る」ときほど礼を尽くす
・プロ秘書は「復唱」で予防線を張る
・プロ秘書は「オープン&クローズド」質問を使い分ける

■chapter6:癒やしをもたらす立ち居振る舞いのオキテ
・プロ秘書は浅くてもキレイな「お辞儀」をする
・プロ秘書は自分の個性を消せる
・プロ秘書は社風に合った「ワードローブ」を作る

■chapter7:明日を担う新人教育のオキテ
・プロ秘書は新人に「あなたが秘書になった理由」を教える
・プロ秘書は入社一年目の新人にまずこれを叩きこむ
・プロ秘書は新人がつまずくポイントを知っている ……

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
236ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB

「日本一のプロ秘書はなぜ「この気...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年01月31日

チェック項目10箇所。秘書の本質は、上司が働きやすい環境作りのために動くこと、秘書に求められているのは、どこまでいっても「気遣い」なのです。私がそのとき行った、いわゆる「丁寧だけの電話対応」は、自己満足でしかなかったというわけです。全社員がお客様に失礼のない同じレベルの対応をするためにはマニュアルが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月17日

 秘書というものは特に特別な存在ではなくあくまでも一般社員の延長線でしかない。

 そう考えると秘書職というものを安易に考えて入社してくる社員に非があることは明らかだろう。

 秘書職は難しい。よく言えば一般職よりもやりがいがある場なのかもしれない、だが好んで進める人たちは皆無だと思う。

 ただた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月29日

秘書日本一になった著者による仕事に対する心構えを説明。秘書ならではと言う内容も多いが、心構えとしては普通のビジネスパーソンにも通じることもある。それぞれの置かれた立場で、自分自身の仕事に応用できることはないか、そういう視点で読むことが大切と感じる。人材育成の観点からも良い教訓が得られる部分もあり、上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月09日

中小企業や大企業で社長の秘書を務めた著者がその極意?を62個の教訓としてまとめた本。
秘書は単純な雑用係みたいに考えられるようだ。どの仕事にもあてはまるが、この仕事も工夫し細かいことまで気を遣えれば一流になれるってことがわかった。
ただ、秘書だけに役立つ内容というより、半分以上は社会人として必要なス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!