姫君の条件 1巻
  • 完結

姫君の条件 1巻

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※BookLive!Reader Lideoでご覧になる際には、PCやスマートフォンのカラー液晶と表示イメージが異なる場合があります。

無料キャンペーン中

2020年07月14日まで

【期間限定無料】姫君の条件 1巻

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

王家の末娘・ダリアン姫は、次の王になるために強い精霊の守護を得ようと日夜奮闘中!その護衛官・キールは説教好きで口うるさいが頼りになる存在。だが、彼の正体は…!? 姫と従者の痛快ラブファンタジー!!

ジャンル
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
メロディ
ページ数
186ページ
電子版発売日
2014年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

姫君の条件 1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現在も「メロディ」で好評連載中。
     ダリアンの無軌道っぷりも可愛いし、キールの苦労人属性も可愛い。想い合ってるのに…、というじれったさも魅力の1つです。
     コミックス書下ろしのオマケもとても楽しいです。
     まだ新人作家の作品の為知名度は低いですが、きっとこれからもっと伸びる筈。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    主従関係好きな私にはたまらん漫画です(笑)苦労性で実はな秘密を持っているキールがもうたまらん。しかもずっと悩んでいる。たまらん。続きが気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

姫君の条件 のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 姫君の条件 1巻
    完結
    495円(税込)
    王家の末娘・ダリアン姫は、次の王になるために強い精霊の守護を得ようと日夜奮闘中!その護衛官・キールは説教好きで口うるさいが頼りになる存在。だが、彼の正体は…!? 姫と従者の痛快ラブファンタジー!!
  • 姫君の条件 2巻
    完結
    495円(税込)
    パパリダ国の王となるため、強い精霊を探して日夜奮闘中のダリアン姫!ある日、パパリダ国の精霊祭を見学しに姫の従弟・ハルトがやってきた。精霊祭前夜の儀式に潜り込んだ二人は、精霊たちの代理戦争に巻き込まれて…!?
  • 姫君の条件 3巻
    完結
    495円(税込)
    王になりたいダリアン姫は、強い精霊を求めて未だ奮闘の日々。ある日、酔い潰れたキールの代わりに、兄の友人・ザガリード街へ出たダリアンは、突然ザガリードからプロポーズをされる…!? 同じ頃、街では魔物が出る事件が起きて…!?
  • 姫君の条件 4巻
    完結
    495円(税込)
    王になるために強い精霊の守護を求めて、相変わらず奮闘中のダリアン姫。兄嫁候補としてやってきたカロリン姫と仲良くなるが、突然出現した「虚無の淵」に落ちてしまい…!アーロン王子の学生時代や幼き日のキールを描いた読みきりも収録!
  • 姫君の条件 5巻
    完結
    495円(税込)
    疫病にかかってしまったダリアンは、術を解くすべを探して精霊の祠へ向かう。しかしキールらしき人影を追ううち、知らない街へ出てしまう。そこで疫病の術にかかっていることが周囲に知れ、追われることになり…!?
  • 姫君の条件 6巻
    完結
    495円(税込)
    兄王子ベリルに重傷を負わせ、ハリムリム村を壊滅させた“九百年の災い”。キールはザガリードと共に、その調査に赴くことに。一方、一ヵ月後の武闘大会でキールに勝って求婚したいダリアンは、武者修行に出ようとするが…!?
  • 姫君の条件 7巻
    完結
    495円(税込)
    幼い頃に母親・キサが殺されたことを思い出したダリアンは、その真相を父に問いただす。一方、“九百年の災い”の毒気を受けて意識不明となったサナンの精霊(霊魂)は、記憶を失い“夜の森”をさまようのだが!? 『王の左手編』クライマックス!!
  • 姫君の条件 8巻
    完結
    495円(税込)
    遂に王位を継ぐことを認められ、キールを夫にすると宣言したダリアン。キールもそれに応えてガルハ公の養子になり、すべてが順調に見えた。しかし、王位継承式を翌日に控えた日、病に伏したアズリルが呼び寄せてしまったものとは──!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています